軽自動車の値引き交渉術の極意

軽自動車の値引き交渉術の極意

軽自動車の値引き相場は大体5~10万円です。

軽自動車って車体価格が安いから値引きも渋くなります。
オプション等をつければ10万以上行くこともありますが、あまり期待しないほうがいいですね。

それでは軽自動車を最大限値引きしてお得に買っちゃう方法を教えちゃいます

ライバル車を決めておこう!

本命1本に絞って
「あなたのことが好きなんです!結婚して下さい!!」
と言っても値引き交渉はあまりうまく行きません。

たとえ、本命は決まっていてもライバル車を1~2車決めて

「あの子と君をどっちと結婚したらいいのか迷っているんです><」

といったほうが交渉がうまくいきます。

その際に注意したいのは、同タイプの競合を選ぶとうことです。

「背の高いスタイルのいいあの子と、見た目は悪いけど性格のいいあの子で舞うよっているんです」

といっても、まだ結婚するタイミングじゃない!と思われます。

おふざけはこのへんにして・・・。

だから、例えばトールワゴンだったら、タントとNBOXで迷っています。
という感じで、タイプや価格が似ている車を引き合いに出したほうがいいのです。

「値引額が多かった方に決めようと思っている」
と伝えると営業マンもうちで買ってもらおう!と思って値引きも頑張ってもらえます。

3回は交渉に行こう!

1回目は気になる車を見に行って見積もりをもらってきましょう。
2回目は試乗させてもらいましょう。
そして、ライバル車と迷っていることを伝えて軽く交渉しましょう。
その時に、多少無理めな値引き額を提示するのもいいでしょう。
交渉後に「妻と相談して決めます。」等と言って次に決める素振りをしておきましょう。

3回目に来店すると、向こう側からいろいろと提案があると思います。
「値引きはここまでしかできませんが、その代わりにオプションをサービスします」
などなど。

そこで、納得いけばサインしてもいいですが、もうひと踏ん張りだと思ったら値引き額にちょこっと上乗せして

「○万円なら今日契約します!」

といいましょう。

例えば、オプションも付けて、1,365,000円だったら

「135万円だったらこの場で契約します!」

と端数切りの提案をしてみましょう。
「今日契約します!」というのは結構効果ありますよ!

あまり粘りすぎると『面倒くさい客』という印象になります。
車は購入して終わりではありません。

各種の点検や車検、タイヤやオイル交換などもディーラーでやってもらえます。
長い付き合いをしようと思えば、どちらも気持ちよく商談できるのが好ましいですよね。

下取り車は一括査定で高価買取りしてもらう

軽自動車の場合、いくら粘っても数万円しか値引き額は増えません。
4回5回とディーラーに足を運んで、8万円が10万円になる程度です。

2万円のためにそこまでするというのは僕としてはあまり得策とは言えません。

それよりも、今乗っている車を高く売ることを考えましょう。

ほとんどの人が、車を買い換えるときにディーラーに下取りに出すと思います。

しかし、買取業者にも見積もりを取ることによって買取価格が全く違ってくるのです。

インターネットで一括見積りサービスがあるので使ってみてください。

下取りするよりも10万円以上高く売れた!
ということもザラです。

10万キロ10年落ちの車でも値段がつくこともあるので、諦めずにまずは見積もりしてもらうことです。

車の購入を決めたら、まずはインターネットの一括査定サービスで自分の愛車がどのくらいの価値が有るのか知っておきましょう。

その査定額がディーラーの下取り価格をUPさせる交渉フックにもなりますからね。

以上が軽自動車の値引き交渉のコツです。
そんなに難しいことではないですよね。

交渉は苦手だから・・・・。といって交渉しないのはかなりもったいないです。
値引き交渉もして、下取り車も高価買取りしてもらってお得に軽自動車を購入しましょう!


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

未分類

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る