軽自動車の年間維持費って本当に安い?普通車と比較してみた!

軽自動車の年間維持費って本当に安い?普通車と比較してみた!

sck1111-cdy01-01

軽自動車は維持費が安い!と言われていますが、普通車と比較してどのくらい安いのでしょうか?

 

今回は、自動車を持つとどんな維持費が月々いくらかかるのかを普通車と比較しながら見ていきましょう!

 

・軽自動車に乗り換えて節約したい方。
・普通車と軽自動車どっちが良いのか悩んでいる方。
・お金がないけど車を持ちたい学生

 

ぜひ読んで見て下さい。

 

軽自動車の維持費は年間いくら?月額にも換算してみました

車を持つと大体これだけの維持費がかかってきます。

 

維持費 軽自動車 備考
自動車税 10,800円 1年に1度
重量税 8,200円 2年に1度
自賠責保険 26,370円 2年に1度
ガソリン代※1 54,545円  
駐車場代 120,000円 月1万円
任意保険※2 46,030円  
車検代※3 60,000円 2年に1度
消耗品費 10,000円 年間

 

※1 ガソリン1リットル120円。燃費22km/l、年間走行距離10,000kmで計算
※2 ブルー免許、35歳以上、本人限定、20等級。そんぽ24でシュミレーション
※3 ケーユーでシミュレーション

 

このように、車の維持費は1年毎支払うもの、2年に一度車検の時に支払うもの、その都度支払うものにわけられます。

 

この金額を換算すると年間288,600円、月々24,055円となります。

 

 

普通車の維持費と比較!一体いくら違うのか?

では、普通車と比較していくら違うのかも見ていきましょう。

コンパクトカーのフィットと、3ナンバーのアルファードと比較してみます。

 

維持費 軽自動車 フィット アルファード
自動車税
(年間)
10,800円 34,500円 39,500円
重量税
(年間)
4,100円 11,250円 18,750円
自賠責保険
(年間)
13,185円 13,920円 13,920円
ガソリン代 54,545円 66,667円 150,000円
駐車場代 120,000円 120,000円 120,000円
任意保険 46,030円 53,790円 67,060円
車検代 30,000円 37,800円 41,000円
消耗品費 10,000円 20,000円 30,000円
合計
(年間)
288,660円 357,927円 480,230円
月額平均 24,055円 29,827円 40,019円

 

軽自動車は自動車税が安いと言われていますが、確かに普通車より2万円以上安いです。

年間払いなので5月の納付書がくると、普通車の35,000円はちょっと憂鬱な気分になりますね・・・。

しかし、月々の維持費に換算すれば1,666円と大した金額ではないですね。

 

軽自動車の維持費はコンパクトカーと比較して年間で6~7万円(月間5,000円)安いです。

これくらいなら軽自動車よりコンパクトカーのほうが良いのではないか?

と思ってしまいますよね。

軽自動車税も7,200円から10,800円と値上がりしてしまいましたし。

 

確かにそのとおりだと思います。維持費のことだけを考えたらコンパクトカーでも良さそうです。

 

ただ、年間の支払額は増えるので、支払い時の精神的ダメージは大きいです(笑)

自動車税もそうですが、車検や保険、タイヤなどの消耗品も軽自動車より高いです。

 

あと、一番大きな違いはガソリン代です。

最近の軽自動車は燃費が非常に良いです。30km/lオーバーは当たり前!くらいになってきました。

普通車はハイブリッドでもない限り30km/lオーバーは無いですね。

ハイブリッドにすればガソリン代も抑えられますが、購入費用が高くなるのであまり得策ではないでしょう。

 

アルファードやハリアーなどの維持費が高く見られていますが、実は税金関係ではなく燃費にしめる割合のほうが大きいのです。

上の表を見ると、アルファードと軽自動車のガソリン代の差が10万円ほどあるのが分かります。

 

この辺りについては後述します。

 

 

維持費の詳細とそれぞれの節約方法

最初に言っておきますが、節約できる維持費はガソリン代・任意保険料くらいです。

とは言え、そこまで大幅な節約は出来ないのであまり期待しないで下さい・・・。

 

自動車税

軽自動車税は2015年に値上がりして7,200円から10,800円となりました。

比較するとそれでもかなり安いことがわかるでしょう。

 

普通車に比べると約1/3です。安い!

普通車の自動車税は、1リットル以下が29,500円で0.5リットル毎に約5,000円ずつ上がっていきます。

 

節約することは出来ません。5月に納付書が送られてきて支払日までに納付しないと延滞料がとられるので注意。(何度か取られました)

 

重量税

重量税も車によって結構変わってきます。

新車で購入すればエコカー減税などで最初の3年間は免除または25%~75%減税が適用されます。

3年目以降はエコカー減税はありません。

重量税は車検の時に一緒に支払われることがほとんどなので、いくら払っているかわからないという人がほとんどだと思います。

重量税も税金なので節約できません。

 

自賠責保険

自賠責保険料については、ほとんど差はありあせん。

自賠責は新車で購入した場合3年間分(37ヶ月)加入することになります。

その後車検に出した時に、お店側で手続きをしてくれます

もちろん節約できませんw

 

ガソリン代

車の維持費の20%とかなり大きな出費となるガソリン代。

 

最近の軽自動車の燃費はかなり良いですよね。

今一番燃費のいい軽はスズキアルトで、カタログ燃費で37.0km/lです。

これはトヨタアクアと同じ燃費なんです。(2015年10月現在)

他の軽自動車もだいたい30km/lくらいはあります。

 

実燃費はカタログ値の70%位に落ち着くので、アルトの場合26km/lくらいが実際の燃費になるでしょう。

燃費が26km/lだと年間のガソリン代は46,000円と1万円弱節約できます。

 

ちなみに、軽自動車で一番燃費が悪いのはスズキジムニーの14.8km/lです。実燃費は10km/lくらい。

ジムニーの年間ガソリン代は120,000円位になるでしょう。

 

 

うちのメインの車は日産セレナで実燃費は8km/lです。上の表のアルファードと同じですね。

月間1000㎞くらい走っているので、ガソリン代は年間150,000円(月17,500円)かかっていることになります。

アルトに乗り換えたら、年間10万円(月12,900円)の節約になりますね・・・。

 

軽自動車スゲー!

 

ガソリン代の節約方法6つ

ガソリン代を節約するのに1円でも安いガソリンスタンドを見つけるのはおすすめしません。

その分走行距離が長くなって無駄になってしまいかねませんから。

 

節約のためにはやはり燃費を良くする事が大事です。

次の5つのことを注意して走行しましょう。

 

  • エコ運転を心がける
  • 重い荷物は下ろす
  • 最短ルートを走る
  • アイドリングやエアコンを控える
  • タイヤの空気圧をチェック

 

また、ガソリンを少しでも安く入れたいなら「会員カードを作る」のもおすすめ。

指定のガソリンスタンドがあるなら会員になれば1リットル1~2円の割引になります。

 

とはいえ、年間500円~1,000円位の節約にしかなりませんけどね・・・。

 

 

駐車場代

駐車場台は月々1万円で計算しました。維持費全体の40%を占めています。

しかし、地域などによって全く異なってくるでしょう。

 

僕は現在一戸建てに住んでいるので、駐車場台は0円です。

アパートで一人暮らしをしていた時は確か3,000円くらいでしたね。

 

都会はかなり駐車場台が高く、駐車場付きアパートなども無いでしょう。

マンションなどでも1万円くらいが相場で、月極駐車場だと3万円以上するところもあります。

 

節約する方法は、安い駐車場を見つけることですが、なかなか難しいでしょう。

月々1万円以上の駐車場代を払っているなら、車を手放すことも考えたほうが節約になるかもしれません。

 

 

任意保険

任意保険は、そんぽ24のホームページでシミュレーションしてみました。

ブルー免許、35歳以上、20等級とかなり安い条件で出したので、もっと高くなるかもしれません。

 

ちなみに、20歳以下6等級で一番高い保険料を算出したところ、軽自動車でも年間232,630円(月々19,386円)とかなり高額になりました。(車両保険付き)

 

自動車保険料は等級や条件によってかなり違うので、一括見積などで比較検討したほうがいいでしょう。

 

少しでも安くしたいなら、ダイレクト系の保険を選ぶことでしょう。

高くても安心を得たい方は店舗型自動車保険がおすすめです。

 

ちなみに僕は、東京海上日動(店舗型)の保険に入っていて月7,000円、年間85,000円払っています。高い・・・・

(ゴールド免許20等級です)

 

安くしたいなら一括見積もりサイトで比較しましょう!

 

→自動車保険の一括見積りはこちら

 

車検代

軽自動車よりも普通車のほうが高くなる傾向にあります。

 

車検費用で高くなるのは、交換する部品がある場合です。

交換部品はやはり、普通車より軽自動車のほうが安いので、車検代も軽自動車が有利ですね。

 

車検代の相場については下記に詳しくまとめたので見て下さいね。

 

→軽自動車の車検費用の相場はいくら

 

 

車検代の節約方法

リンク先にも書いているので簡単に。

車検代を節約したいなら、ユーザー車検がいいです。新車で買って初めての車検ならユーザー車検でも充分でしょう。

 

ただ、車に詳しくない方や不安な方は車検専門店に任せましょう。

ディーラー車検よりも安くなりますよ。

 

ディーラー車検は、高くても安心を買いたい方におすすめです。

かなり丁寧にやってくれて、まだ持つけど1年以内には交換が必要になりそうな部品まで見てくれます。

 

その他

その他の消耗品に、オイル交換・タイヤ・バッテリー・ウォッシャー液・修理費などがかかってきます。

消耗品も普通車に比べて軽自動車のほうが安いです。

 

タイヤなどはその時の購入金額は高くても数年に1度の買い換えなので月額換算したらそこまで大きくはないでしょう。

 

例えば、軽自動車のタイヤなら1本5,000円くらいです。4本で2万円ですね。
タイヤ交換は5年に1度くらいなので、年間4000円、月間333円です。

 

買い替えの時の出費は痛いですが月額で見たら大したことないですね。

 

ローンで買ったときの月間支払額は?

軽自動車は安い!と言っても中古で50万、新車で150万円ほどします。

現金ニコニコ払いができれば良いのですが、大体の人がローンで購入するのではないでしょうか?

 

3年ローンを組んだ場合月々の支払額はいくらになるのか見てみましょう。

 

ローン金額 毎月支払額
50万円 14,000円
100万円 29,000円
150万円

44,000円

※金利4%で計算

 

どうせ買うなら新車で買いたいですよね

150万円をフルローンすると、毎月の支払額が44,000円、そこに維持費が月額24,000円。

 

合計68,000円。

 

やはり車を持つのは、お金がかかる。

車を持つのをやめようかな・・・と思ってしまう金額ですよね。

では、車をやめてタクシーを使ったらどうなるのでしょう?

 

 

 

nebikibana

 

タクシーやレンタカーを使ったほうが安い?

よく、車を持つならタクシーを使ったほうが安い!と言われますが本当なのでしょうか?

タクシーの1キロあたりの値段は大体275円+初乗り料金です。

 

これで計算すると、月間10回タクシーを使い1,000km移動する場合、28万円ほどかかります。

明らかにタクシーのほうが高いです。

 

月間1,000kmなどたくさん乗るかたは車を購入したほうが良いでしょう。当たり前ですw

 

では、都会に住んでいて日頃は電車での移動、休日だけ車を使って遠出をする場合はどうでしょうか?

 

休日にレンタカーを借りることにしましょう。ちょっと遠出をするので軽自動車ではなく、普通車がいいでしょう。

また、ちょっと足を伸ばしてランチや夕食を食べに行く時はタクシーを使うとしましょう。

 

レンタカーは12時間で1万円程なので、毎週末使えば月々4万円。

タクシーは往復20キロ、月に4回使用すると、月々25,000円程度。

 

合計65,000円。

 

・・・

 

軽自動車を買うのと大して変わらないですね(´・ω・`)

 

 

つまり、平日は使わなくても、土日は必ず車を使うのなら車を買ったほうがいいでしょう。

駐車場料金が高く、車の使用頻度は月に2回程度、公共交通機関をよく使うなら車はいらないということになるでしょう。

 

都会なら電車やバスがたくさんあるので、無理に車を使う必要はないかもしれませんね。

 

→今人気の軽自動車ランキング

 

よくある質問

軽自動車の維持費についてよくある質問にお応えします!

 

 

Q:4ナンバーの軽貨物は更に安くなりますか?

 

一般的な軽自動車は5ナンバーですが、商用に使う軽貨物という4ナンバー軽自動車もあります。

商用なので、乗り心地もイマイチなのですが、自動車税は安いんです。

ただ、任意保険が年齢制限ができないので、年令によって割高になるかも知れません。

 

軽貨物の自動車税は5,000円です。
普通の軽自動車の10,800円の半分以下です!

任意保険は見積りを取らないとどのくらいになるかわからないです。

→自動車保険の一括見積りはこちら

 

乗り心地とかはどうでもいいからとにかく安い軽自動車を探したい!という方は、4ナンバーの中古軽自動車を探してもいいでしょう。

 


 

Q:車種によって維持費は変わりますか?

 

アルトとN-BOX、ジムニーに維持費の違いはあるのでしょうか?

 

維持費に違いが出てくるのはガソリン代くらいじゃないでしょうか?

ただ、先ほども言ったようにアルトとジムニーだとガソリン代だけで年間74,000円の差が出ます。

税金や保険は変わりないので安心して下さい。

 


 

Q:軽キャンピングカーの維持費は高くなりますか?

 

キャンピングカーって維持費が高い気がしますよね?

でも、実は軽キャンピングカーって4ナンバーなんです。

ということは、先ほども書いたように、自動車税は5,000円とかなり安いんです。

任意保険も4ナンバーと同じ適用になります。

 


 

Q:軽自動車は普通車に比べて危険ですか?

 

軽自動車のほうが維持費が安いから軽自動車にしよ!
と思ったけど、軽自動車って事故ったらヤバイんじゃないの?

と思う方もいるでしょう。

確かに、小さくて軽いので安全性には不安があります。

詳しいことはこちらに書いたので、安全性がとっても気になる方は読んでみてください。

→軽自動車の安全性

 

 


 

Q:大学生ですがバイト代で軽自動車の維持費を払っていけますか?

 

知りませんw

毎月いくらのバイト代が入ってくるのかはわかりませんが、車をもつのは結構な維持費がかかります。

大学生なら、任意保険の等級も低いので、月の維持費は5万円位になるかもしれません。

またローンで購入するなら、毎月の出費は7~10万円かかると考えていいでしょう。(車検などを付き額計算した場合)

そう考えるとかなり厳しいのではないでしょうか?

 

親の援助が受けられるなら考えてもいいでしょうが、援助がないならレンタカーにしておいたほうがお金に余裕が持てるでしょう。

 

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

ライターコラム 購入時の注意点

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る