軽自動車の車検費用の相場は?安くする方法あります

軽自動車の車検費用の相場は?安くする方法あります

車検費用ってなんであんなに高いんでしょうね・・・。

2年に1度とは言え、10万円の請求はかなり痛いです。

 

僕は基本的にはディーラーか車検専門店で車検をしています。

高いですが、車は乗り潰す派なので長く乗りたいのでしっかりと整備して欲しいんです。

 

でも、やっぱり高い!なんでそんなにお金がかかるの?と疑問に思ったので車検について調べまくりました。

 

 

今回の記事は下記のことが書かれています。

 

・車検費用の内訳

・どこで車検をするのがいいのか?

 →ディーラー車検

 →車検専門店

 →ガソリンスタンド・カー用品店

 →ユーザー車検

・車検費用を安くする方法

・車検の基礎知識

 

ちょっと長いので、知りたいところだけ読んでも大丈夫!

車を安心して長く乗りたい方、安く車検を済ませたい方は参考にしてください。

 

【PR】

カーといえばグーでおなじみのGooが車検サービスをはじめました。

車種ごとに車検相場もチェックできますよ。

→Goo車検

 

 

車検の内訳はどうなっているの?

車検の内訳ですが、法定費用と車検基本料の2本立てで構成されています。

 

軽自動車の車検費用の相場は5万円~8万円です。

内訳はこんな感じです。

 

法定費用

自賠責保険 26,370円
重量税 6,600円
印紙代 1,100円~1,800円

約35,000円

 

法定費用はどこで車検を受けても変わりません。

必ず支払わなくてはいけないので素直に払いましょう。

 

 

車検基本料

24ヶ月点検費用 10,000円~30,000円
車検代行手数料 0~10,000円
検査料 0~10,000円

1万円~5万円

 

車検費用で大きく違うのがこの基本料金です。

この料金は、地域や業者によって変わってきます。

コバックや車検感、ホリデー車検といった車検専門店は基本料金が決まっていますが、ディーラーやガソリンスタンドなどはお店によって違うので見積もりをとって確認する必要があるでしょう。

 

ちなみに、ディーラー車検の場合、この基本料金が高いと言われています。

コバックの一番安いコースなら9,500円ですが、ディーラーの場合3万くらいかかります。

2万円の差は結構大きいですよね。

 

料金の差には理由があるのでこの辺りは、後述しますね。

 

整備費・交換部品代

 

その他にかかる料金としては、オイル交換などの整備人部品の交換費用です。

故障などがあると、車検に通らないので、交換する必要がでてきます。

 

交換部品によって値段が違うので、もし高額なものだと車検費用もグーンとUPしちゃいます・・。

 

ディーラー車検の場合すごく丁寧に見てくれて、交換しなくても車検には通るけど1年以内に交換が必要になる可能性があるものも見つけて提案してくれます。

勝手に交換することはないのでご安心ください。

 

また、下回り洗浄や塗装なども見積もりに入ってくることもあります。

必要なければ外しても大丈夫です。不明な項目があればその都度聞いてみるといいですよ。わかりやすく説明してくれます。

 

 

どこで車検を受けたらいいの?それぞれのメリット・デメリット

基本的には購入したディーラーや販売店で車検を受けている人がほとんどだと思います。

ただ、最近はコバックやホリデー車検などの車検専門店がたくさんありますし、ガソリンスタンドやカー用品店でも車検をしています。また地元の板金屋酸でもできます。

 

どこで車検をするのがいいのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 

ディーラー車検

購入したディーラーで車検をしているという人は結構多いですね。

僕も最近は家の近くのディーラーに任せっきりです。

 

ディーラー車検は一番高いです。

ただ、その分しっかり点検してくれます。

 

車検で必要な項目以外も見てくれますし、整備保証もしっかりつきます。

交換部品は純正品なので、価格は高いけど安心できますね。

 

 

 

つまり、高いけどしっかり点検してくれるってことですね。

自社の車を見るわけですから、特徴などを熟知しているはずです。

 

 

とはいえ、僕がディーラーで車検をする理由は、付き合いがあって家から近いからです(笑)

他の車検と比較すると2万くらい高くなるかもしれませんが、2年で2万ってことは1ヶ月1,000円くらいです。

車の費用は年間のトータルで計算しているので、そこまでケチるものでもないかな。

 

 

専門店・カー用品店・ガソリンスタンド

コバック・ホリデー車検・車検館・車検の速太郎などの車検専門店。

イエローハット、オートバックスなどのカー用品店。

エネオスなどのガソリンスタンド。

 

といったところでも車検を受けることができます。

 

 

料金は店舗や地域によって違いますが、基本料金が1万円からで手数料等が無料のところもあります。

保証もしっかりついていますし(別料金のところも)土日祝日もやっています。

 

ディーラーとの大きな違いは、車検に通るための整備をすることです。

極端な言い方をすれば、車検にさえ通ればいいので車検の次の日に壊れてもいいということです。

 

専門店なら劣化している部品があれば教えてくれます。

 

あとは、ちゃんとした整備士がいるかどうかでしょう。

専門店はフランチャイズ店もありますし、ガソリンスタンドやカー用品店もお店によってムラがありそうです。

それでも、車検に通すだけの整備はしっかりしてくれるでしょう。

 

ただ、ちょっと不安といえば不安ですよね・・・。

 

もし、ディーラーが高いから他のところで!と考えているなら、ガソリンスタンドやカー用品店ではなく、車検専門店に任せたほうがいいでしょう

 

 

車検専門店

コバック・ホリデー車検・アップル車検・車検館・車検の速太郎などがありますね。

 

基本料金は1万円~3万円で、ディーラーより安いです。

保証もあるし、土日もやっているので安心して任せることができます。

また、指定工場のため

 

ディーラーとの大きな違いは、車検に通るための整備をすることです。

極端な言い方をすれば、車検にさえ通ればいいので車検の次の日に壊れてもいいということです。

 

でも、劣化している部品があれば教えてくれるのでご安心を。

ただ、フランチャイズ店なのでお店や担当者によって当たり外れがあるかも。

 

ディーラーほど手厚い整備はいらないよ!というなら専門店に任せたほうが安くておすすめです。

 

 

カー用品店

イエローハットやオートバックスでも車検はできます。

大手業者は比較的安くできます。

基本料金はお店によって違うので、ホームページで検索してみてください。

大体2万~3万円のところが多いです。

 

カー用品店での車検は、知り合いがいるとか付き合いがあるなどの理由がないならあまりおすすめしません。

フランチャイズ店が多いので、お店によって当たり外れがあるからです。

 

ディーラーより安くはできるので、近くに専門店がないなら検討してもいいでしょう。

 

ガソリンスタンド

エネオスなどのガソリンスタンドも車検を引き受けてくれます。

ガソリンだけじゃ儲かりませんからね。基本料金は2~3万円です。

 

ガソリンスタンドの車検もカー用品店と同じようにあまりおすすめはできませんね。

 

 

民間整備工場

地元の整備工場でも車検はできますよ。

料金は安めですが、頼む人やお店によって違いはあります。価格だけで飛びつくのはやめましょう。

個人でやっている整備工場の場合、当たり外れが大きいです。

 

知り合いがいる場合やとっても評判がいいのであればお願いしてもいいでしょう。

 

ユーザー車検

とにかく安くすませたいならユーザー車検でしょう。

法定費用のみで車検ができます。

つまり、4万円くらいで車検ができちゃうんです。めっちゃ安いですね。

 

ただ、土日祝日はやっていません。

また、車の整備について知識がないと危険です。知り合いに詳しい人がいるならついてきてもらうのもありですね!

 

 

ユーザー車検の場合、車検に通すだけなので検査項目さえOKなら通ってしまいます。

車について詳しくないと、故障しそうな部品がどこなのかわからないのでちょっと怖いですね。

 

 

車に詳しい人はいいですが、素人が手を出すと車検後にあちこち故障が起きるかもしれません。

もし大事故に繋がる故障が起こったら・・・と思うとちょっと怖いですね。

 

それでも安く済ませたいんだ!ユーザー車検に挑戦するんだ!という方はこちら

 

→ユーザー車検の手順と注意点

 

車検代行

平日に休みが取れないよ・・・。

一人で行くのはちょっと不安・・・。

 

そんな方は代行業者もあります。

ただ、手数料などはとられるし、整備点検はほとんどしないのでコバックなど専門店に持って行ったほうが良いかもしれません。

 

費用は法定費用+代行手数料でできます。

代行手数料は業者によって違いますが3,000円~5,000円でやってくれますよ。

 

 

車検費用を安くする前に知っておきたいこと

車検費用をなるべく安く抑えたい!

 

そんな方も多いと思いますが、価格だけ見ていると後で後悔することになります。

 

車検費用の価格差は整備点検にかかる費用と比例すると考えてください。

 

つまり安く済ませればそれだけ故障の確率は上がります。

 

ブレーキ系の故障が起こって止まらなくなったら・・・

高速道路を走行中にエンジントラブルがあったら・・・

 

想像するただけで怖いですね。

 

だから、なるべく価格だけじゃなくしっかりした整備士がいてちゃんと見てくれるところにお願いしたほうがいいでしょう。

 

車のことをなにも知らない素人がユーザー車検や車検代行にお願いするのはやめておきましょう。

 

 

価格にはワケがある!

車検費用の相場を見ていると

 

ユーザー車検<ガソリンスタンド・カー用品店<車検専門店・民間整備工場<ディーラー

 

という順番になります。

 

この価格差にはしっかりした理由があります。

 

 

ユーザー車検は先ほど説明したとおりです。

 

ガソリンスタンドやカー用品店はユーザー車検同様、車検を通すことを再優先しています。

なので、ほとんど点検、交換はしません。

最低限必要なモノや、バイトが見ても分かるような箇所は部品交換をしてくれるでしょう。

 

 

専門店や整備工場は整備士さんがいますのでしっかり見てくれます。

整備士が見て交換したほうがいい部品は交換するし、1年くらいは持つと思えば交換しないでしょう。

質問すれば丁寧に教えてくれるて、自分で交換するか決められるのもメリットの一つでしょう。

 

 

ディーラーは更に手厚く整備してくれるでしょう。

たまに必要ないコーティングやオイル交換なども入れてくるので見積書はしっかりチェックしておかないといけませんが。

車のことは全くわからなくて、全部おまかせしたい方にはおすすめです。

 

 

まとめ

なるべく安く、整備もしっかりして欲しい。

そんな方は、整備工場か専門店に持って行くと良いでしょう。

 

整備をしっかり、全部お任せで!

というならディーラー車検。

 

とにかく安く、整備点検はそこそこで!

という方はカー用品店。

 

整備点検は自分でできる!

という方はユーザー車検。

 

 

時間があるなら、気になる所から全部見積りをとってみるといいですよ。

業者によって交換部品が違ったりしますから。

 

価格の比較や近所の車検をやっているお店を探すなら下記を使ってみてください。

 

 

→近所の安い車検を見つけるならこちらで一括見積り

 

 

Goo車検がおすすめ

「カーといえばグー」でおなじみのGooが車検サービスを始めました。

 

 

車検っていちいち持っていくの面倒くさくないですか?

Goo車検なら、自宅まで取りに来てくれるし、車検が終わったら自宅に届けてくれます。

 

 

Goo車検にはこんなメリットが↓

 

  • 自宅まで取りに来てくれる
  • 事前点検をして、車検を通すのに必要な修理箇所がわかる
  • 車検を通すのには不要だけど劣化している箇所を教えてくれる
  • しっかりと見積書をつくてくれる
  • 車検が終わったら自宅まで持ってきてくれる。
  • 代車が必要な場合も対応してくれる

 

車種別に見積もりもできるので、まずはのぞいてみてください。

 

 

→Goo車検で愛車の車検相場をチェック

 

 

車検の基礎知識 Q&Aコーナー

ここでは車検の基礎知識をQ&A形式でお応えしていきます。

 

車検の正式名称は?

「自動車検査登録制度」といいます。

特に覚える必要はないので「車検」で通じます(笑)

 

車検に必要な書類は?

車検に必要は書類は以下の3つ

 

・車検証

・納税証明書

・自賠責保険証

 

多分助手席のグローブボックスに入っているはずなので確認しておきましょう。

あと印鑑も忘れずに。

 

ユーザー車検の場合は上記の他に以下の4つの書類が必要です。

 

  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 継続検査申請書
  • 定期点検整備記録簿

 

車検当日に陸運局で用意すれば大丈夫ですよ。

当日に書くのが面倒なら、車検の前にもらってきて家で書いてから持って行くと当日の車検がスムーズにいきます。

 

車検の期間 いつから受けられる?いつまでに受けないといけないの?

車検の期間は車検満了日の1ヶ月前から受けられます。

車検証を確認してみましょう。

 

また、フロントガラスにもシールが貼ってあるはずです。忘れないようにしましょう。

 

免許更新のように猶予はありません。

車検満了日が過ぎると車検切れとなり公道は走れませんよ!

 

おまけ。車検切れの車に乗っているとどうなる?

数年前、ふと車検日時が書かれているシールを見ると、その日が過ぎていることに気が付きました!!!

 

ヤバ!車検切れしてるじゃん!!

 

慌ててディーラーに連絡してそのまま持って行きました。

 

そしたら・・・。

 

1年間違えていました(゚∀゚)

 

車検は来年でした・・・ハズカシイ

 

もし、その時車検切れの車を運転し続けていたらどうなっていたのでしょうか?

 

車検切れの車の運転は「無車検運行」にあたり反則点が6点です。

自賠責保険も綺麗てれば「無保険運行」となり反則点は同じく6点です。

いきなり免停です。

両方の反則を取られれば合計12日になり90日間の免停になりますね。

 

ただ、車検を忘れていた。などの故意ではない場合はまた違うようです。

 

この辺りの線引きは警察が行うので、どこからが良くてどこまでがダメ!と言うのはわかりません。

 

僕の妻は2度ほど免許更新を忘れて怒られましたが、車検も免許更新も忘れずに行いたいものです。

 

 

→車検か乗り換えか迷っている方に一言

 

 

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、多くの方はディーラー下取りに出しますが、それだと損するかもしれません。
下取りではなく、買取専門店に売るほうが高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(8年落ち7万キロ)を査定したところ、18万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は7万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられます。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ :

ライターコラム

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る