ダイハツウェイク(WAKE)の売れ行きは?

ダイハツウェイク(WAKE)の売れ行きは?

2014年11月、ダイハツからウェイクという新型軽自動車が発売されました。
その翌月、ダイハツの発表によるとウェイクは発売1ヶ月で15000台の受注を受けたとのことです。
これは、1ヶ月の販売目標として立てられた5000台を大きく上回る数字です。

ではなぜ、ウェイクはこれほどまでに販売が好調なのでしょうか。

スポンサードリンク

 

ライバルを徹底的に分析

それは、後発ながらのいいとこ取りが功を奏したからです。

ウェイクと同じようなコンセプト(遊べる軽自動車)を持っている車といえば、スズキのハスラーが記憶に新しいところです。

ターゲットを絞ったハスラーのコマーシャルや戦略をダイハツは大いに参考にしたため、販売が好調だったのです。

サイズ的にウェイクとかぶるのは、ホンダのN-BOXやスズキのスペーシアなどです。

N-BOXよりも燃費性能を向上させ、燃費に優れたスペーシアよりも室内空間は圧倒的に広いです。
このように、先発のライバルを徹底的に分析したからこそ、ウェイクの販売は好調なのです。

自社の競合車も分析

ウェイク発売に際しては、他社の車だけでなく自社の競合する車も分析しました。
それはタントです。

タントは2014年に最も売れた自動車の名誉を手にしましたが、ウェイクはタントとできるだけ競合しないようにしています

サイズ的には同じようなタントとウェイクですが、女性やファミリー向けのタントに対して若者向けのウェイクと、ターゲットを明確に分けているのです。
事実、受注の6割が男性で30歳以下が3割を占めるというデータもあります。

ウェイクの評判は?

では、実際にウェイクを試乗、あるいは購入したお客様の口コミはどうなのでしょうか。
乗り心地に関しては、おおむね好評のようです。

室内空間が圧倒的に広いだけに、居住性に関しては問題がありませんが、問題は走行性能です。

さすがに普通車と比べると見劣りはしますが、それでも軽自動車の中では上質な走りです。
エンジン音も比較的静かですし、ハンドリングも軽快です。
ただ、意見をくれた人のほとんどが1人あるいは2人で乗ったときの印象ですので、定員いっぱいまで乗ったときにどうなのかは未知数です。
見た目ですが、標準装備のフロントグリルの評判はあまりよくありません。
「まるで蜂の巣のようだ」との意見が多く、フロントグリルをオプションのものと交換する人も多いです。

売れている他社のハスラーやN-BOX、自社のタントをベースに開発しているだけに、ウェイクには売れない要素がありません。
遊び心はもちろん、車としての性能も意外とよいです。

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、多くの方はディーラー下取りに出しますが、それだと損するかもしれません。
下取りではなく、買取専門店に売るほうが高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(8年落ち7万キロ)を査定したところ、18万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は7万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられます。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ :

ダイハツ ウェイク

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る