スズキスペーシアの口コミ

スズキスペーシアの口コミ

supesiakutiokmi

2012年3月にデビューしたスペーシア。

デビューから3年ほど経ち、2015年5月にマイナーチェンジを行いました。

 

このマイナーチェンジで、S-エネチャージを全グレードに搭載!爆発的に燃費が向上しました。

 

カタログ燃費は32.0km/lとなり、スライドドア軽自動車の中でNo1です。

 

 

ただ、そこまで売れているかと言われるとあまり売れてないんですよね。

売れてないというと語弊がありますが、軽自動車全体で見て10位あたりをうろちょろしています。

 

同じスライドア軽自動車の中では、ホンダN-BOXとダイハツタントが爆発天気な人気で1位争いをしています。

 

この燃費ならもっと売れてもいいかと思うんですが、なにか原因があるのでしょうか?

 

ということで、スペーシアの口コミを徹底調査しました!

 

スペーシアって実際どうなの?

スペーシアを購入したオーナーの生の声を集めました。どんなところが満足しているのか、不満なのか?

意見の多かった声をまとめたので参考にして下さい!

良い口コミ

  • 燃費がとても良い
  • シートアレンジが多彩で便利
  • 収納が沢山あって使いやすい
  • 室内が広くて居心地が良い。
  • デザインが気に入りました
  • ラゲッジが意外と広くて荷物がたくさん積めます

 

悪い口コミ

  • エアコンパネルが使いにくい
  • 死角ができるのでちょっとこわい
  • 力不足を感じる。出足や坂道がもっさり
  • 固めの乗り心地
  • 開口部分が狭いかな

 

 

やはり燃費がいい!という意見が多いですね。S-エネチャージの実力はさすがです。

他の口コミを見ていると、軽自動車ならではの物が多いです。

 

悪い口コミでの、力不足は仕方ないですよね。

普通車から乗り換える方や、高速や山道をよく使う方はターボ車を選択するといいでしょう。

 

良い口コミでの収納や居住性、シートアレンジはライバル車とそこまで変わらないでしょう。

 

N-BOXやタントととこが違って、スペーシアはどう優れているのかを見ていきましょう。

 

外観を比較!エクステリアはどれがお好み?

車選びでとっても大事になってくる外観。

スペーシアは「ママ」をターゲットにしているので、まるっぽくて優しい顔つきです。

spacia01

今流行のツートンカラーもあります。

 

パステルカラーが多いですが、黒もあります。

spacia01

ちょっと女性っぽすぎてパパが乗るには恥ずかしいかな?とも思うかもしれません。

そんな方にはスペシアカスタムがおすすめ。

 

スペーシアカスタム

かなり印象が変わりますよね。

 

ライバル車の外観もチェックしてみましょう。

 

タント↓

tanto1202

タントも優しい顔つきですね。

 

タントカスタム↓

tantocustam

カスタムになると全く印象が違いますね。

 

 

次はN-BOX

nbox001

角ばっていて可愛いという感じではないですね。

 

N-BOXカスタム

nboxcastam

かなりイカツイです。このイカツさがいい!という人とヤダ!という人に分かれそうです。

 

エクステリアデザインはどうでしたか?最終的にはデザインの好みで決める人が多いのでじっくり悩んでください。

 

スペーシアの人気カラーはどれ?

スペーシアのカラーバリエーションは下記の8色。

 

クリスタルホワイトパール(白)
シフォンアイボリーメタリック(黄)
フレンチミントパールメタリック(緑)
キャンドルオレンジメタリック(オレンジ)
イノセントピンクパールメタリック(ピンク)
フィズブルーパールメタリック(水色)
シルキーシルバーメタリック(シルバー)

 

この8色に加えて4色の2トーンカラーが用意されています。

 

人気色はイメージカラーのオレンジ、オレンジの2トーンでしょう。

 

あとはやはり白でしょうね。
どのくるまでも 白と黒が人気ですしリセールバリューも高い傾向にあります。
(スペーシアの黒は不人気だと思いますが)

2トーンカラーは別途料金がかかるのでご注意を。

 

スペーシアカスタムの人気色は?

スペーシアはパステルカラーが多いのですが、カスタムは濃い色となっています。

基本は下記の7色。

 

クリスタルホワイトパール(白)
アーバンブラウンパールメタリック(茶色)
ムーンライトバイオレットパールメタリック(紫)
スチールシルバーメタリック(シルバー)
ブルーイッシュブラックパール3(黒)
フェニックスレッドパール(赤)
クールカーキパールメタリック(カーキ)

人気は白か黒、または紫でしょう。

 

色合いはホームページの写真などでも見れますが、実際に外で見ると違って見えます。

ただ、販売店には数台しか置いていないので人気色以外の色を確認したいなら、街中で走っている車や中古車販売店などを探す必要があります。

ディーラーにプラモデルもおいてありますが、実際の色を見たいなら探したほうがいいかもしれません。

 

内装は使い勝手いいの?

スペーシアの内装はこんな感じです。

spacianaiso

 

カスタム↓

spaciacustamnaiso

 

ライバルと比べてもさほど大きな違いはないでしょう。

 

収納がたっぷりで子育てママは嬉しい

ただ、スペーシアは細かな収納が沢山ついています。

ダッシュボードと天井にティッシュ入れがあるのも大きな特徴でしょう。

spasia999 spasia998

 

子供がいると、鼻水垂らしたり、飲み物こぼしたりなどティッシュの活用場面が増えますよね。

どこからでも取りやすいのは便利ですよね。

最初は「なぜ2つもあるの?」と思いましたが、前からでも後ろからでも取れるし、もしひとつがなくなっても予備があるのもいいかもしれません。

 

他にも女性に嬉しい小物いれスペースがたっぷりです。

 

居住スペースやラゲッジルームが広々

また、シートアレンジも豊富で室内が広く使えるのもうれしいと評判です。

後部席をたためば子供の自転車はもちろん、大人用の自転車も入ります。

 

→27インチの自転車も入る軽自動車はコレ

 

居住スペースやラゲッジスペースはライバル車と比較するとN-BOXが一番広いです。

スライドドアの開口部もタントとN-BOXのほうが広くなっています。

 

ほんの数センチの差ですが実際に乗ってみると、スペーシアのほうが狭く感じるかもしれませんね。

ただ、スペーシアは低床になっていて、子供もお年寄りも乗り降りしやすい設計です。

 

乗り心地や静粛性はどうなの?

「乗り心地は固め。」という声が多くありました。

少しの段差でも突き上げ感があって、硬いのが苦手な方は不向きかもしれません。

タントも後部席がパタパタするというコメントがありました。

 

乗り心地がいい!という声が多かったのがN-BOXです。

 

とは言え、乗り心地もデザインと一緒で好みがあります。試乗して確かめてみるのが一番でしょう。

 

スペーシアの優れているのが静粛性です。

S-エネチャージを搭載したおかげで、静粛性がグーンとUPしました。

 

坂道でのエンジン音は仕方ないですが、走行中やアイドリングストップからのスタートの静かさは軽自動車とは思えないほど

車内が静かだと、子どもたちとの会話もはずみますね。

 

静粛性についても試乗の際に確かめたいポイントです。

 

グレードごとの価格と燃費

じゃ、実際にいくらするのよ?というのが気になるところ。

 

やっぱり価格は大事ですからね。

ということで、グレードごとの価格を一覧表にしました。ついでに燃費も入れてます。

 

スペーシア 価格(円) 燃費(km/l)
G 127万~135万 32
 4WD 139万~147万 29
X 138万~145万 30.6~32
 4WD 150万~157万 29
T 149万~156万 26.8
 4WD 161万~168万 25.6

 

スペーシアカスタム 価格(円) 燃費(km/l)
GS 152万~160万 30.6
 4WD 164万~172万 29
GSターボ 160万~167万 26.8
 4WD 172万~180万 25.6
XS 164万~171万 30.6
 4WD 176万~183万 29
XSターボ 171万~179万 26.8
 4WD 183万~191万 25.6

 

一番低いグレードならオプションと諸費用を入れて150万くらいで購入できますね。

カスタムターボの4WDとなると、車両本体価格で190万円するので総額230~250万円といったところでしょうか。

 

メインの車を普通車から軽自動車の乗り換えるならこのくらい払ってもいいかもしれません。

 

実際に、以前ディーラーに行った時には営業マンが「普通車から乗り換える方はフル装備(4WD+ターボ+デュアルカメラブレーキサポート)を買われますね」と営業トークをしてきました(笑)

 

 

 

ライバル車の価格と燃費は以下のとおり

 

  価格 燃費
NーBOX 119万~180万 21.4~25.6
タント 128万~162万 25.8~28
N-BOXカスタム 148万~193万 20.8~25.6
タントカスタム 159万~187万 24.6~28

 

価格帯はそこまで大きく変わりませんが、N-BOXの最低グレードが119万円と安いですね!

ただ、N-BOXは燃費があまり良くないです。

 

燃費で選ぶならやっぱりスペーシアが一番ですね!

 

グレードごとの違いって何?

そもそもグレードごとに何が違うの?と疑問に思う方もいるでしょう。

一言で行ってしまえば装備が違います。

 

基本性能は変わりません。

 

例えば、Tのエクステリア(外観)は、メッキフロントグリルやLEDイルミネーションがついています。

また、クルーズコントロールシステムもついているという豪華っぷりです。

 

そんな装備いらないから最低グレードでいいよ。
という方もいるかもしれませんが、最低グレードのGはキーレスプッシュスタートシステムやロールサンシェード、スライドドアクローザー(半ドアまで閉めると自動的にクローズしてくれる)などがついていません。

こうした快適装備もついていないので、子供も乗せることを考えると中間グレードの「X」がおすすめですね。

 

スペーシアカスタムは2つのグレードしかありません。それにターボ、4WDをつけるかどうかです。

カスタムの場合はGSを選んだからといって装備が極端に悪くなることもないです。
必要な装備などがあって予算が許すならXSを選んでもいいでしょう。

 

ターボや4WDって必要?

軽自動車は660ccということもありどうしてもパワー不足になりがちです。出足や高速道路での加速、山道での上りなどにストレスを抱えます。

 

街乗り中心ならターボも4WDも不要ですが、高速をよく使う方、山道を走る方、普通車から乗り換えの方はターボにしたほうがいいです。

 

4WDはスキーやスノボーによく行く方、豪雪地域の方以外は必要ないでしょう。

街中に住んでたまに雪が降る、たまにスキーに出かけるなら、スタットレスやチェーンでも大丈夫です。

 

まとめ

スペーシアの魅力は伝わったでしょうか?

タントやN-BOXとよく比較される車種です。

 

販売台数こそ負けていますが、燃費はNo1です。価格もほとんど同じ。

 

迷っているなら、まずは試乗して乗り比べてみてください。

あとは、値引き額や営業マンの良し悪しで決めてもいいでしょう。

 

正直言って、軽自動車の値引きはあまり多くは望めません。

スペーシアなら10~15万円値引きができれば上出来です

 

オプションをたくさんつけて交渉も頑張れば20万超えもありえます。

値引き交渉でも競合の存在がとても重要になってきます。

 

交渉をうまくするためにもタントやN-BOXと比較して、見積もりをとって営業マンと話をしてみましょう。

 

あと、今乗っている車があるなら今のうちにいくらで売れるのか知っておくと有利になりますよ。

 

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

スズキ スズキ スペーシア

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る