スズキの人気軽自動車の比較レポート

スズキの人気軽自動車の比較レポート

suzukii

前回のホンダに続き今回はスズキへ行ってきました。

今回は、私と妻、2歳の息子の3人でお出かけ♪

 

スズキは今話題のSーエネチャージ搭載の新型ワゴンRやハスラー、ファミリー向けのスペーシア、女性向けのラパンなど軽自動車のラインナップは豊富。

 

営業マンのながーい話もあるかなと思って試乗は予定していませんでしたが、意外とあっさり対応だったので試乗もさせてもらって来ました。

営業マンの対応の違いにびっくり

営業マンの対応ってディーラーによってぜんぜん違うもんですね。

ホンダは熱心にNシリーズのセールスポイントを熱心に語ってきたのに対して、スズキはどうぞご自由に見ていって下さい。的な対応でした(笑)

また、車の知識についてもホンダのほうが高く、スズキの担当さんに「ワゴンRの全長ってどのくらいですか?」と聞いた所「さぁ、ちょっとわかりません」とあっさり答えられました^^;

対応の善し悪しはメーカーというよりもディーラー、担当者さんで違ってくると思いますが、あまり良くない対応をされると二度と行きたくなくなるのでその点もチェックしておきたいところです。

 

人気のワゴンR・ハスラー・スペーシアをチェック!

suzuki3

 

子供がいるのである程度広い車を選んでいます。

ファミリー層向けで人気が高いのはスライドドアのスペーシアですが、話題のワゴンRとハスラーも気になっていたので見てきました。

 

ワゴンR

 まずはワゴンRの車内を見ていきました。

嫁がワゴンRの運転席に座って一言

 

「軽自動車って感じw」

 

確かに、内装や外観は極普通の軽自動車です。というかワゴンRが軽自動車の代表なので。

S-エネチャージ搭載といろいろパワーアップしていますが、内装や外装は変わっていないので至って普通です。

2014-09-17 10.49.45

 

シートアレンジがいろいろできるようになっています。

後部席はそれぞれスライドできるようになっているので、荷台を使いたい時や後部席に大人が乗るときなどに重宝しそうです。

wagonrria

 

助手席の座面が開いて、収納もできます。

座面を前に出し、背もたれを前に倒し、リアシートをスライドすればフルフラットになります。

wagonrsito

 フルフラットではないか・・・。

 

ワゴンRの内装や外観、シートアレンジを見てきましたが、私たちの感想は

 

普通・・・。

 

でした(笑)

 

やっぱりワゴンRは実際に乗ってみないと違いがわからないよね。

ということで試乗レポートをお楽しみに。

 

 →ワゴンRの試乗レポートはこちら

 

 

ハスラー

お次に拝見したのが今話題のハスラー!

CMにはアラレちゃんが登場しましたね。

hasura

展示&試乗車はブルーと白のツートンカラーでした。

カラーバリエーションが豊富なのがいいですよね。

ただ、カラーによっては2万~6万円別途かかるようです。

 

内装も白を使ってあってとってもおしゃれ♪

hasuranaiso

 

外観はユニークなデザインでカラーバリエーションが豊富。

内装もとってもおしゃれに仕上がっています。

 

あと、荷台は濡れたり汚れたりしても大丈夫のようにプラスチック(?)素材になっています。

hasuranidai

サーフィンやスノボをする人にはいいですよね。

僕も結婚前はスノボをこよなく愛していたので、独身のときに出会っていたら即買っていたかも。

 

ハスラーは嫁さんも気に入ったようです。

「車で青とか赤とかってダサイよね!」

といつも言っている嫁ですが、ハスラーは許せるそうです。

なぜ?と聞いてみると

「だってオシャレだしカッコイイじゃん」

とのこと。

その辺の感性は私にはわかりません・・・(汗)

 

ハスラーは車内も広いので子供がいても問題ないかと思いますが

どっちかというと、ファミリー向けと言うよりはサーフィンやスノボなどアウトドアを楽しむ人向けという印象です。

 

でも、デザイン性も実用性もあるので、男性でも女性でも、若い人でも古い人でも(失礼w)乗れちゃうのがいいですね。

 

実際に乗ってみてもかなりいい印象でした。

こちらも試乗レポートを呼応ご期待。

 

スペーシア

お次はスライドドア付き軽自動車としてファミリー層に非常に人気が高いスペーシアです。

さすがに広いです。高いです!

supesia01

 

後部席がスライドできるのも嬉しいですね

シートアレンジも豊富。

supesia02

 

スズキの軽自動車は後部席が別々にスライドできるようになっていますし、

運転席の座面の下に収納があったり、シートアレンジが豊富という印象を受けました。

 

中を見ているとなんだこれ?という穴と収納がありました。

supesia03

 

supesia04

 

これなんだと思いますか?

営業の方に聞いてみると・・・・

 

「ティッシュ入れです。」

 

とのことです。

 

え、2つもいるの?

と思いましたが、上部の方はサングラスを入れたり他にも使い道がありそうです。

 

 

スペーシアははやはり広さが特徴ですね。

スライドドア付きで高さがあって、後部席のシートアレンジがあれこれできるし、収納もたくさん!

これぞファミリー向けです。子供がいないなら買う理由はありません。

 

ハスラー同様、カラーバリエーションが豊富でツートンカラーもあります。

ただ、他のスライドドア軽自動車に比べてあまり売れていない。

 

実際に乗ってみると、そのへんもわかったような気がしました。

ということでこちらも試乗レポートを呼応ご期待。

 

 

ワゴンR・ハスラー・スペーシアどんな人におすすめ?

車内が広くて子供がいても乗れる軽自動車を探してスズキへ行って来ました。

人気の3車種を見てきたのですが、それぞれに特徴があり、目的によっておすすめが違ってきます。

 

ワゴンRはとにかく乗り心地がいいです。

Sーエネチャージは本当に静かで、アイドリングストップが非常にスムーズです。

軽自動車初のハイブリッドシステム搭載ということなので、街中の運転で力を発揮します。

燃費もカタログで32.4km/lと非常によく、通勤や買い物など日常使いに向いています。

車内は広いには広いですが、スペーシアやハスラーに比べると少し狭く3人以上で乗ることが多いなら狭く感じるかもしれません。

 

ハスラーはワゴンRより広く、パワーもあります。

アウトドアを趣味とする人に向いている車でしょう。

独身の方が通勤や日常、休日のアウトドアなどの趣味に使うというのがいいでしょう。

 

スペーシアは完全にファミリー向けです。

スライドドアですし、車内も一番広いので、子育て中の方にはとても便利な車でしょう。

燃費はそこまで良くないですし、パワー不足も感じることがあるので、通勤や独身の方には不向きかもしれません。

 

 

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ :   

スズキ 見学・試乗レポート

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る