アウトドアに向いている軽自動車

アウトドアに向いている軽自動車

Driving on Highway

軽自動車でもアウトドアを楽しみたい!という方のためにアウトドアにおすすめの軽自動車を紹介します。

スキーやスノボーなどのスノースポーツや、サーフィンやスキューバーダイビングなどのマリンスポーツを楽しみたい方。

または、家族でBBQやキャンプに行きたい!

という方もいるでしょう。

一般的にな軽自動車は車内が狭いし、パワーもないのでアウトドアにはあまり向いていないのでは!?
という疑問も出てきます。

しかし、最近の軽自動車にはいろんなタイプがあり、アウトドアに向いているものもあります。

 

アウトドアに向いている軽自動車の条件とは?

アウトドアに向いている軽自動車の条件を上げると

  • 荷物がたくさん詰める
  • 山道でもストレスを感じないパワー
  • 雪道でも安全な4WDがある
  • オフロードでも走れる

 

などが上げられます。

 

荷物がたくさん詰める

 

 

スポーツやキャンプに行くとなれば荷物が多くなりますし、スキーやサーフィンボード、テントなどの大きな荷物も必要です。

ただ、これらの道具を軽自動車に乗せるとなると結構たいへんです。
一人で行くのであれば荷台に積むことが可能な軽自動車もありますが、家族や同乗者がいるとリアシートも使って荷物も積むのは意外と大変です。

だから、ルーフキャリアを付けて車のに積み込むのが便利です。

 

 

山道でもストレスを感じないパワー

海に行くならそこまでパワーはいらないかもしれませんが、山へ行くのであればパワーは必須です。

急な坂道で荷物が沢山積んであるとパワーのない軽自動車にはかなりツライ。
ノロノロ運転をしていると後続車にも迷惑をかけますしね。

そこでオススメしたいのはターボ付きの軽自動車を選ぶことです。
ターボ付きだと多少値段が高くなってしまうのですが、パワーは全然地学なってきます。

 

 

雪道でも安全な4WD

yukimiti

 

スノースポーツをするなら絶対に4WDにしたほうがいいです。
スキー場に行くにはそれなりの山道を通る必要があります。
もし天気が悪く、道路が凍っていた場合、2駆&チェーンだと全く歯がたたないということもあります。

たまに、道路で立ち往生している車を見ますが、そのほとんどが2駆です。
坂道で登れなくなって止まってしまうと、かなり悲惨な目にあいますよ。
誰かに押してもらうか、平らな場所までバックで戻って助走をつけて一気に登らないと行けないですから。(危険が伴います)

 

 

オフロードでも走れる

jimunini

あまりオフロードで走る機会はないかもしれませんが、キャンプ等にいくなら考えておいたほうがいいかもしれません。

キャンプ場の中に入って行く時は舗装されていない道を案内されることもしばしば。

キャンプだけじゃなく、山や海など田舎に行くと「こんな道通るの?」と思うような道路も出てくるかもしれませんからね。

 

ズバリ!アウトドア向きのお勧め軽自動車

これらの条件にそってアウトドア向きの軽自動車を幾つか紹介していきます。

 

 

SUV軽自動車のおすすめ

まずは、アウトドアにピッタリと行ったらSUVです。

軽自動車のSUVではあまり多くありません、代表的な車にジムニーとハスラーがあります。

この2台は同じSUVですが性質が全く違います。

 

スズキジムニー

jimuni

ジムニーはオフロードでも走れるし、ボディも頑丈にできているのでまさしくアウトドアにピッタリの1台です。

しかし、悪路をガンガン走りたいという方には向いていますが、オンロードにはちょっと不満が残ります

揺れも大きいし、燃費も悪い、車内も狭いです。
また、3ドアなのでリアシートに人を載せるのには不向きです。
1人でオフロードを楽しみたい方にはおすすめですが、家族や仲間と楽しみたい方や、普段使いのほうが多いという方には不向きかもしれません。

 

 


スズキハスラー

hastrar

今売れに売れている軽自動車です。
オフロードよりもオンロードのほうが得意としているし、デザインもおしゃれで、車内も広く実用的な車です。

4WDを選べば山道も雪道も怖くないでしょう。
燃費性能もいいので、街乗りもアウトドアも両方楽しみたい方におすすめです。
ただ、まだまだ新しい車なので、中古車であっても値段が高くなるので予算オーバーになってしまう方もいるかもしれません。

→ハスラーの詳細はこちら

 

 

エクストラハイトワゴン

家族で楽しみたい!室内空間が広いく荷物がたくさん積める軽自動車がいい!
という方にはエクストラハイトワゴンがオススメです。

 

特におすすめしたいのがダイハツウェイクです。

37wake

ハスラーに対抗してアウトドア向けの軽自動車を出してきました。

ホンダのN-BOXよりも室内は広くなっています。

 

CMでもおなじみになってきましたが、室内はかなり広くアウトドアにぴったりです。

オプション装備も充実していて、釣りやスノボ、サーフィン、キャンプなど目的に合わせて選べるのも嬉しいですね!

 

→ウェイクの詳細はこちら

 

他のエクストラハイトワゴンよりも価格設定はちょっと高めです。

予算が・・・・という方は他のエクストラハイトワゴンも検討してみてください。

エクストラハイトワゴンは全高が170cmを超えるので子どもが立ち上がっても天井に頭がつかないほど広い。
また後部ドアはスライドドアなので、小さな子供がいても安心できる。

燃費や走行性、安全性も高いので普段使いとアウトドアを両方楽しみたい方にはオススメです。
アウトドアに使いたいならターボや4WDをつけた方がいいでしょう。

→エクストラハイトワゴンを徹底比較

ワンボックスカー

bamosuワンボックスカーは非常に車内が広く、大人4人が乗っても窮屈ではないし、荷台もたくさん積めます。また車中泊にも向いています。

ただ、エンジンがフロントシート下にある車が多く、乗り心地はお世辞にもいいとはいえません

あと、燃費が非常に悪いです。
カタログ燃費でも15.0km/l以下が多く、実際には10km/l前後になると思われます。
したがって、普段使いにはあまり向いていないといえるでしょう。

管理人の一言

yubikuruma01アウトドアに向いている軽自動車を紹介しましたが役に立ったでしょうか?

個人的には、ハスラーかエクストラハイトワゴンがいいと思っています。

 

ほとんどの人が、アウトドアと普段使いの両方を考えていると思います。

そして、普段使いのほうが圧倒的に多く乗るでしょう。

 

だから、燃費や走行性も大事です。

ハスラーやタント、NBOXなどは燃費も走行性も非常に優れています。

ただ、やはり軽自動車なのでパワー不足などがあるので、ターボ車にしたり4WDにすることで

アウトドアにも対応できると思います。

 

アウトドアといっても、人によって用途が違います。

 

家族でキャンプに行く

一人でスポーツを楽しみたい

オフロードをガンガン走りたい

 

などなど用途によって、お勧め車種も違いますし、オプションも変わってくるのでどのような場面で多く使うのかをしっかり考えて車選びをしましょう。

 

今、人気の軽自動車はどれなのか知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

 

→軽自動車ランキング【2016】

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

タイプ別

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る