車中泊に向いている軽自動車

車中泊に向いている軽自動車

sck103_cgs03_01

最近は車中泊ブームですね。

一人旅の宿泊代節約のためや、山や海などのアウトドアなどで車中泊をするというパターンが多いようです。

車の運転は思っている以上につかれるものです。

だから、車中泊をする場合、しっかり眠れることを考えないと次の日に支障が出ることもありますね。

運転席や助手席をリクライニングして寝ることはあまりおすすめしません。

寝返りがうてないで、血液が流れずエコノミー症候群になりかねません。

 

ですので、車中泊をする場合はやっぱりフルフラットになる車がオススメです。

 

しかし、軽自動車でフルフラットになる車は多くありません。

 

フルフラットにならない場合は、マットやクッションなどで工夫をしてぐっすり眠れる寝床を作るようにしましょう。

 

 

車中泊をするならこの軽自動車に決まり!

軽自動車でフルフラットになって車中泊に適した車は3台あります。

 

それが、ホンダNBOX+とスズキハスラー、ダイハツウェイクです。

 

快適な車中泊をする条件として、

 

 

  • クッションなどを使わなくても段差がないフルフラット状態になること。
  • そして、160cm~180cmのスペースがとれること。
  • 居住空間の高さが90cm以上あること。

が上げられます。

 

上記の条件が満たされているのといないのでは快適さが全然違いますから。

 

車中が広い軽自動車は他にもあります。

 

例えば、ダイハツタント、スズキスペーシア、ホンダNBOXなどが人気です。

 

しかし、フラットモードできなかったり、フラットにできても凸凹ができてしまったりで車中泊するに快適とは言えないです。

 

長距離運転&車中泊を考えて軽自動車を購入する場合、乗り心地や安定感、燃費なども考慮したいところです。

 

NBOX+

Nboxプラス

NBOX+はハンドル部分から一番後ろまで全部がフルフラットになります。

居住空間の長さは200cm、高さは95cmとかなり快適です。

 

オプションになりますが、「マルチスペースシステム」を使えば後部席を折りたたんで、その上にマルチスペースを敷けばフルフラットの状態になります。

 

マットレスなどを持ってくれば、ぐっすり眠れるベットスペースの出来上がりです。

nbox+00

 

 nboxpurasu01

nboxpurasu002

→詳細はNbox+の公式サイトで

ダイハツウェイク

wake0204

ダイハツウェイクは車中泊にも適しています!

まずは動画を

テレビCMでも車中の広さをアピールしていますが、ほんとに広いです。

動画にもありましたが、寝転がって足が伸ばせますし、起き上がっても頭が付きません。

 

女性が座って手を伸ばしてようやく天井に手が届くくらいですから、平均座高90cmの男性でも頭は付かないと思います。

 

室内の全長も200cm以上ありますし、高さも145cm。(座面からの高さはわかりませんでした)

 

 

ウェイクをフルフラットにするとこんな感じ

 

 wakeshachuhaku

 

こんな風にシートアレンジすることもできるます。

wakezaseki

 

車中泊グッズをしっかり持ち込んでおけばぐっすり寝ることもできるでしょう。

 

 

→ウェイクの詳細はこちら

 

スズキ ハスラー

hasura9

 

SUVとして登場し、アウトドアに最適な1台です。

 

N-BOXやウェイクに比べると車内はちょっと狭いですが、一応フルフラットになります。

 

hustrerimg05

画像出典元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

 

ただし、条件があります。

 

フルフラットにするには、シートリフターを装着しないとダメです。

 

シートリフターがないと運転席のスライドが足りずフラットにならないので注意してくださいね!

 

シートリフターはX・Gのセットオプション装着車に設定してありますよ。

 

専用のマットもあってそれを装着するとこんな感じになります↓

 

hasurasito

※カタログから抜粋

他にも様々なオプション装備が用意されているので、車中泊やキャンプ、アウトドア・スポーツをする方にはおすすめの一台でしょう。

 

→ハスラーの詳細はこちら

 

 

軽ワゴンもフルフラットになるけど

スズキエブリイワゴンやトヨタピクシスバンのようなワゴン(バン)タイプの軽自動車もリアシートをたためばフルフラットになるものが多いです。

 

荷台が広いのでリアシートをたたむと大人が眠れるスペースが出来ます。そのままだと寝心地が悪いのでマットなどを敷いたほうがいいでしょう。

hobio

 

hobio01

ホンダバモスホビオ

ただ、軽ワゴンは商用車ベースになっているため、乗り心地があまり良くありませんし、燃費も悪いのが欠点です。

 

車中泊に必要はグッズはなに?

車内空間が広く、フルフラットになると言っても何も準備せずに車中泊すると痛い目にあいます。

 

マットがなければ寝心地が悪くなかなか寝れないでしょう。

 

こういった車中泊専用マットも売っています。

価格は3万円以上するのでちょっとお高いですが、ホテル代わりに車中泊をよくするならトータル的に安く済むのではないでしょうか?

 

 

さらにあったら便利な車中泊グッズをまとめました。

→快適な車中泊にあったら便利なグッズは?

 

 

 

エンジンをかけっぱなしで車中泊はあり?

車中泊をするときには温度管理も大切です。

夏はまだしも、冬に車中泊すると寒くて耐えられませんから。

 

エンジンをかけっぱなしでエアコンを付けて寝るのもありですが、注意しないといけないことが多々あります。

 

近隣住人がいる場合は騒音などで苦情が来るかもしれません。

 

その地域の条例で禁止しているところもあります。

 

 

また、寝相が悪くアクセルを踏んでしまったりシフトレバーを動かしてしまうのも怖いですね。

 

一番気をつけないといけないのが、雪でマフラーがふさがってしまうこと。

 

マフラーがふさがってしまうと、一酸化炭素が車中に入ってきて一酸化炭素中毒で死亡なんてこともありえます。

 

スキーやスノボーに行った時に車中泊をする場合は気をつけてくださいね。

 

一晩で車が埋もれるくらい積雪があるなんてことはしょっちゅうですから。

 

管理人の一言

sutum02最近の軽自動車は室内が広いものが増えてきています。

 

それに、車中泊をする人も増えてきているので、ウェイクのようにフルフラットになる軽自動車も登場しました。

 

車中泊グッズも色んなモノが揃ってきています。

 

 

しかし、やはりリスクも有ります。

 

先ほど話した死亡リスクも少なからずありますし、車上荒らしに遭遇することもあるかもしれません。

 

また、グッズを揃えていないとエコノミー症候群になったり、温度管理ができず一睡もできなかったなんてことになりえません。

 

 

実は私も、若いころ飲み会の後に車中泊して朝帰りをしたことがあります。

ウェイクやNBOX+のようなフルフラットになる車ではなく、狭い車で毛布しか持っていませんでした。

 

冬ということもありエンジンはかけっぱなしで寝ました。

 

寒いし寝心地が悪く夜中に何度か目を覚ましました。

朝は最悪の気分でしたね・・・。

 

私の友達はイカツイ車で車中泊していたらコンコンとやられてウィンドウを開けたらいきなり殴られたなんて話も聞きました。(原因はよくわかりませんが)

 

それでも、ホテル代を削れたり車で全国行脚をするなら車中泊は便利ですから、グッズを揃えてちょっとでも知識をつけてから挑戦しましょう。

 

こちらの記事もおすすめです。

 

→アウトドアに向いている軽自動車ランキング

 

→快適な車中泊にあったら便利なグッズは?

 

スポンサードリンク

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

タイプ別

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る