軽自動車とバイクの維持費を比較!バイクにすると一体いくら安くなる?

軽自動車とバイクの維持費を比較!バイクにすると一体いくら安くなる?

普通車より、軽自動車のほうが維持費は安い!と言われていますが、計算したところ、コンパクトカーと軽自動車の維持費の差は年間、7万円程度。
月間5,000円くらいなんです。

 

→軽自動車と普通車の維持費を比較!

 

 

では、バイクの維持費はどの程度なのか?

軽自動車を買おうか、それともバイクを買おうか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね!

 

結論を言ってしまうと、確かにバイクのほうが圧倒的に維持費は安いです。

しかし、維持費が安いからとバイクを買うと後悔するかもしれないので、バイクのデメリットもしっかり理解したうえで購入しましょうね!

 

 

軽自動車とバイクの維持費を比較!

こちらのページと照らしあわせて、同じ項目で比較していきましょう。

 

維持費 軽自動車 バイク
自動車税 10,800円 2,000~6,000円
重量税 4,100円 0~4,900円
自賠責保険 13,185円 7,280~9,510円
ガソリン代 54,545円 24,000円
駐車場代 120,000円 0円
任意保険 46,030円 15,000~60,000円
車検代 30,000円 不要
合計 約30万円 5~10万円

ご覧のとおり、原付きなら年間維持費は5万円程度、400ccの大型バイクでも10万円程度です。

 

ガソリン代や保険料などは走行距離や等級によって変動があるため、この金額より高くなったり安くなったりするでしょう。

 

細かい維持費については以下で詳しく見ていきましょう。

 

バイクの税金、保険を詳しく見ていこう

バイクと言っても原付き(50~124cc)・軽二輪(125~249cc)・小型二輪(250cc以上)に分けられます。

それぞれに対して税金や任意保険料、車検などが変わってきます。詳しく見ていきましょう。

 

軽自動車税と重量税

区分 排気量 重量税 軽自動車税
原付1種 50cc以下 0円 2,000円
原付2種 50~90cc 0円 2,000円
原付2種 91~124cc 0円 2,400円
軽二輪 125~249cc 4900円(登録時のみ) 3,600円
二輪の小型自動車 250cc以上

1,900円(0~12年経過車)

2,200円(13年以上経過)

2,500円(18年以上経過)

6,000円

 

2016年から税率が上がりました。
今までより、1.5~2倍ほど税率は上がりましたが、それでも安いですね。

 

軽二輪のほうが重量税が高いじゃないか!と思うかもしれませんが、違います。

軽二輪は車検がないので、新車登録時のみの支払金額です。
小型二輪は2年に一度車検があるのでその時に支払わなければいけません。

 

自賠責保険

250cc以上は車検があるのでその時に更新すればいいので更新漏れは心配ありません。

しかし250cc以下のバイクの場合車検がないので自分で更新しなくては行けません。

 

自賠責保険は義務なので、期限切れをしていると罰則があるので注意してください。

基本的にはバイクを買うときに、期間(年数)を選び期限の前に通知が来るので忘れずに更新しましょう。

更新はコンビニ、保険会社、バイク屋、銀行などでできますよ。

 

ガソリン代

車の維持費で大きな割合を占めているのがガソリン代です。燃費の良い軽自動車でも維持費の20%を占めています。

 

バイクは軽自動車に比べても燃費が非常に良いです。
50ccのスーパーカブなんかは110km/lですからね!実燃費でも70km/lは行くのではないでしょうか?

400ccのバイクでも40km/l超えもあります。

燃費は車種によって変わってきますが、車よりは確実に燃費がいいのでガソリン代節約にはなるでしょう。

今回は年間走行距離10万キロ(月1万弱)で計算しましたが、バイクならそこまで多く乗らないでしょう。

なので、ガソリン代は月々1,000円~2,000円くらいになるでしょう。

 

駐車場代

バイクは基本的に駐車場を使用しないので料金がかかりません。
しかし、盗難が心配な方、停めるところがなくて困っている方は、コンテナなどを借りて駐車場にしている方もいます。

コンテナは地域によって料金は違いますが、月々1万円くらいはするでしょう。

 

任意保険

もし家族またはご自身で車の任意保険に加入しているなら、ファミリーバイク特約に入るほうが安くなります

それ以外の方は、自分で任意保険に入りましょう。

バイクは任意保険はいらないでしょ!という考えの方もいるかもしれませんが、価格もそこまで高くないので、もしもの時のために入っておいたほうがいいでしょう。

 

任意保険の保険料は走行距離と等級によって変わってきます。
原付なら年間15,000円~30,000円くらい。125cc以上なら年間35,000円~70,000円くらいを考えておきましょう。

 

車検代

原付と軽二輪は車検は必要ありません。なので車検費用は0円。

250ccの小型二輪から2年に一度の車検が必要になります。

車検時に重量税や自賠責保険を支払、その他の手数料や交換部品代を支払います。

交換部品等も軽自動車に比べてかなり安くなるので、車検代もかなり安くなるでしょう。

相場としては5~7万円。交換部品があると10万円以上かかることもあります。

 

バイクのデメリットを知っておこう

軽自動車に比べてバイクのほうが維持費が安いのは明らかですね。
しかし、だからといって軽自動車の代わりにはなりません。

ここでは軽自動車と比べてバイクのどこが劣っているのかを見ていきましょう。

バイクのデメリット5つ

・ヘルメットをかぶるので髪の毛がぺちゃんこになる
・ライダースーツやヘルメットなど意外とお金がかかる
・雨や雪の時は運転できない(雨具を着ればOKかも知れませんが、濡れるし危険性も高まります)
・転んだら死ぬかも!?危険な乗り物です
・親の許しが得られない

 

一番のデメリットはやはり危険性でしょう。

転んだら死と隣り合わせ、死ななくても下半身不随などの傷害になるケースもあります。

そうでなくても、骨折や擦り傷、やけどは日常茶飯事でしょう。

軽自動車も危ないとは言われていますが、バイクに比べたら天と地ほどの差があるでしょう。

 

まとめ

確かにバイクの維持費は安いです。
そして、バイクには小回りが効いて、渋滞もすり抜けて、爽快感があって、などのメリットもあります。

 

しかし、安全面のことを考えたら維持費が安いだけで乗るのはお勧めできません。

バイクやバイクの運転が好きでたまらない!というなら話は別ですが、「節約になるからバイク」と考えているなら絶対にやめましょう。

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

お役立ち情報

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る