S-エネチャージとは?仕組みとメリット・デメリット

S-エネチャージとは?仕組みとメリット・デメリット

S-エネチャージ

ワゴンRがハイブリッドになった。
「ワゴンRハイブリッド」という名称ではなく、「S-eNe CHARGE(エスエネチャージ」というらしいです。

エネチャージが進化したということですが、どのように進化したのでしょうか?

S-エネチャージの仕組みやメリット・デメリットを僕なりにまとめてみました。

S-エネチャージとはどんな仕組みなの?

S-エネチャージの仕組みを簡単に説明すると

減速時のエネルギーを利用して、エアコンやオーディオだけでなく、エンジンの再始動やモーターアシストにも使えるようにした。

ということです。

エネチャージとの違いは?

今までのエネチャージはエアコンやオーディオ、ウィンカーなどの電力を使う電装品にのみエネルギーを使っていました。

S-エネチャージは電装品だけでなく、エンジンの始動やモーターにもエネルギーを使えるようにしたため、さらに燃費が良くなりそして静かになったのです!

もっと詳しく知りたい方はスズキの公式サイトで→http://www.suzuki.co.jp/s-enecharge/why/

 

ハイブリッドとは違うの?

トヨタやホンダのハイブリッドとは違うの?という疑問があると思いますが、同じようなものでちょっと違います。

 

簡単に説明すると、ハイブリッド車はモーターだけで走行が可能ですが、S-エネチャージは動き出しのみモーターのアシストがあるのです。

つまり、Sエネチャージはモーターでの走行は今のところできないのです。

 

車は発進時に多くのエネルギーを使うと言われています。

自転車でも止まった状態から動き出すときに一番力を使いますよね。

 

その一番パワーがいるところを蓄えた電気でモーターアシストをすることによってエンジンの負担を減らしているのです。

そうすることで、ガソリンの使用量も減って燃費も向上するというわけですね!

 

 

S-エネチャージのメリット

S-エネチャージのメリットは2つ。

 

1.さらなる低燃費を実現!リッター32.4km/lはクラスNo1

 

発進時は一番力が必要になるのでその分ガソリンの消費も多くあります。
しかし、S-エネチャージは蓄積したエネルギーで加速を助けてくれるのでエンジンの負担を減らし、ガソリンの消費も減ったのです。

2.エンジン再始動が静か!

アイドリングストップのクルマに乗ると気になるのが始動時のエンジン音。
運悪く信号に捕まりまくると、エンジン再始動の度にキュルルルル~~っと音が気になって「この車大丈夫か?」と心配になりますよね?
(僕だけですか?w)
でも、S-エネチャージは再始動の音が本当に静かでアイドリングストップを繰り返していても気になりません。

S-エネチャージのデメリットは?

メリットは分かった・・・。いいところがあるなら悪いところも当然あるでしょ?
ということで、デメリットをまとめてみました。

デメリットは2つ。

1.価格が高い

ワゴンRはグレードが「FA」「FX「FZ」と3つありますが、S-エネチャージ搭載は「FZ」のみです。
ちなみに、「FX」がエネチャージ搭載。「FA」はエネチャージ搭載なしです。

価格の違いを見ると、
FA:1,078,920円~
FX:1,144,800円~
FZ:1,372,680円~
となっています。

S-エネチャージだけの差ではありませんが、S-エネチャージ搭載車を買おうと思うとそれだけグレードが高くなり購入価格も高くなってしまいます。

ナビやETCのオプションを付けて、諸経費を含めると180万近く行く可能性もあります。

2.交換リスク

S-エネチャージにはISGとリチウムバッテリーが使われています。
リチウムバッテリーは耐久性が高いと言われていますが、何年位持つのか?
交換の時はどのくらいの価格なのか?
そして、故障などのときの修理費はいくら位なのか?というのが気になります。
普通のシステムとくらべて、多少高くなると思いますので、デメリットといえばデメリットでしょう。

2つほどデメリットを出してみましたが、ちょっと無理矢理っぽかったでしょうか(笑)

デメリットと言ってもそこまで気にするようなものはないと思うので、まずは試乗して体感してみるのがいいですよ。

S-エネチャージ搭載車はどれ?

2014年9月現在、S-エネチャージ搭載の車は、ワゴンRの「FZ」と「スティングレーX」のみです。

これからどんどん増えてくると思うので楽しみですね。

※2015年5月にスペーシアがマイナーチェンジして全車にSエネチャージ搭載されました。

→スペーシアがマイナーチェンジ!どう変わった?

 

 

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ :

用語集

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る