軽自動車の新古車(未使用車)を見つけるコツ

軽自動車の新古車(未使用車)を見つけるコツ

中古車市場で狙い目、と言われているのが新古車。

現在は公正取引協会によって新古車という言葉は禁止されてしまったため、「未使用車」として市場に出回っています。

新古車とは販売促進のためにディーラー名義で購入され展示や試乗などに使われた、正規に販売がされなかった車のこと。

もしくは登録だけされてそのまま中古車販売店へ、といったケースもあるそうです。

しかも新古車として流される車の多くが、そのときディーラーがもっとも売りたいと思っている人気車種や新発売の車種。

状態がいいうえに年式も新しいということもあり、中古車市場ではとても人気があります。

未使用車のメリットデメリット

中古車市場でも人気の高い新古車ですが、もちろんメリットだけでなくデメリットもあります。

メリット・デメリットをまとめたので賢く購入するために知っておきましょう。

 

未使用車のメリットは?

  • 安く購入できる
  • 税金が免除される

 

 

まずいちばんにあげるメリットはやはり新車並の状態の車を安く購入できること。
この点は安くいい車を買いたい、という多くのユーザーの願いをかなえるものですので、ほかの中古車とは比べられないほどのメリットですね。

 

そして新古車のメリットが最大限発揮されるのが軽自動車

ダイハツのタントやホンダのNBOX、スズキのワゴンRといった人気車種は何もしなくても売れるため、新車ではほとんど値引きをされずに販売されます。

 

ですが新古車だとユーザーの手に渡っていないとはいて事実上は中古車。

新車と同等でも安く販売されますので、人気車種を安く買いたい方にはとてもありがたい存在なのです。

 

 

ほかにも4月1日以降に購入すればその年の自動車税は免除になる。

車検までの期間が長く残っていることが多いため、重量税も免除になるといった税金関係が免除になりやすいこともメリットといえますね。

また納車までが新車と比べて早い、ということもすぐに車を手に入れたい方にとってはメリットと言えるでしょう。

 

 

未使用車のデメリット

  • 好みのカラー、グレードが選べない
  • ディーラーオプションが選べない
  • 在庫が少ない

 

まず大きなものとしては在庫のなかからしか選ぶことができない、ということ。

新車のように好みのカラーやインテリアにすることはできないので、こだわりたい方にとってはデメリットですね。

 

またディーラーの多くが標準仕様のものを登録しているため、オプション装備がついていないことも多々あります。

オプションなら両側に自動スライドドアがつけられるのに、標準仕様だから片側だけといったケースなど、細々した点で不満を感じることもあるかもしれません。

 

 

カラーやインテリアを変えられない、オプションなしが多いといったことに妥協できるかどうかが最大のポイントとなりそうですね。

 

 

また、在庫が少なく人気なのでなかなか見つけられない、見つけたけどすぐに売れてしまうというのもデメリットでしょう。

 

軽自動車の未使用車を見つけるコツは?

ではそんな新古車を効率よく見つけるコツをお伝えします。

 

インターネットを活用する

 

まずいちばん手軽にできる方法は、インターネットを利用して探す方法。

 

カーセンサーやGoo-netといったサイトで検索すれば、一発で欲しいメーカーの未使用車をピックアップしてくれます。

 

ただインターネットの場合は手軽なぶん、それだけ多くの人たちが同時に見ているわけなので、購入に動いたときにはすでに売れている、といったことも。

 

多少のタイムラグがあることを覚悟しておきましょう。

 

 

ディーラー系列の販売店

次は、欲しい車種を販売しているディーラーが運営している中古車販売店に足を運んでみることです。

たとえばトヨタならT-UP、ホンダならホンダオートテラスといったようにそれぞれ各ディーラーで公式に運営している中古車販売店があります。

ディーラーが運営しているので車の状態に関しては申し分ありませんし、アフターサービスも充実しています。

確かではありませんが公式の中古車販売店の方が新古車が流れてくる可能性が高い、という噂もありますので欲しい車種が決まっているなら足を運ぶ価値はあるでしょう。

 

しかしディーラーが運営している分、ほかの中古車販売店よりは多少値が張ることが多いようです。

 

中古車専門店に依頼

最後はガリバーなど、メーカー問わずに中古車の販売を手掛けている業者に依頼するもの。

 

この方法はどの業者に依頼するかによって見つかる確率が大きく違ってきますが、やはり見つける事だけを重視するなら大手がおすすめ。

大手であればそれだけたくさんの中古車が入荷されるため、新古車に巡り合える確率は自然と高くなります。

さらにもしその時点では希望の車がなかったとしても入荷した時点で知らせてくれたり、わざわざ探してくれるケースも多いよう。

 

担当スタッフがついてくれることも多いため、担当が信頼できるならばお任せしてしまうのもおすすめ。

その場合はあらかじめ事細かに条件を提示しておくと、スタッフ側も車を探しやすくなります。

同じ未使用車でも試乗車として使われた車と展示されていた車では消耗具合が違いますよね。

未使用車というくくりに入るのであれば何でもOKなのか、そのなかでもこだわりたいのかをきちんと伝えておくのが最高の1台に出会えるコツです。

 

ネットオークションやオークション代行は注意が必要

ほかにもネットオークションを利用したり、オークション代行で探してもらったりなど新古車を探す方法はたくさんあります。

 

しかしやはり車は実車を見て、できれば乗ってから検討をするのがベスト。

 

ネット販売など、画面越しではわからない細々したところまでしっかりとチェックし、納得して購入するようにしましょう。

 

最近は新車よりも中古車を選ぶユーザーが増えてくると同時に、新古車に対する人気も右肩上がり。

 

そのため実はユーザーに一度販売されているにも関わらず、期間が短いからと言って「新古車」として販売する業者も少なくはないそう。

 

本当に安心して乗れる車を探すなら、自分の目で見て運転してみるのがいちばんです。

 

 

 

今回紹介した方法は全て実車を確認できる方法ですので、面倒でも必ず一度は見に行くようにしましょう。

 

手間や時間はかかりますがきっと自分が考えていた、理想の1台に出会えるはずです。


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ :

中古車

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る