ワゴンR

ワゴンRの実燃費って悪い?ハイブリッドの実力を検証。歴代との差は?

投稿日:

発売当初、爆発的な人気から「軽ワゴン」という新しいジャンルを開拓したワゴンR。

最近では、最先端技術「マイルドハイブリッドシステム搭載」というキャッチコピーでも話題。

1993年に誕生してから、2017年のリニューアルで6代目、25周年を迎えるロングランの軽自動車

軽自動車といえば、このワゴンRを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

そんなスズキの軽自動車を代表するワゴンRですが・・・

やはり、気になることといえば・・・燃費でしょう。

「最新技術と聞こえはいいけど、実際の燃費に貢献してるの?」

「ハイブリッドあり・なしの燃費の違いは?」

なんてこと、気になりませんか?

ワゴンRのグレード別実燃費や最新テクノロジーの燃費貢献度など、様々な角度から検証していきます。

グレードごとのカタログ燃費と実燃費

出典:ワゴンR公式HP

大きく分けて、ワゴンRのグレードは3つです。

マイルドハイブリッド搭載のグレードがHYBRID FZ・FXの2つ、一番下のグレードがFAです。

FAはハイブリッドではありませんが、唯一ミッションのあるグレードになります。

それでは、カタログ燃費と実燃費から見ていきましょう。

実燃費は車の口コミサイトであるe燃費の平均実燃費を参考にしています。

  カタログ燃費
平均実燃費
  2WD 4WD 2WD
HYBRID FZ・FX(CVTのみ) 33.4km/L 30.4km/L 20.57km/L
FA(CVT) 26.8km/L 25.4km/L 18.20km/L
FA(5MT) 25.6km/L 23.4km/L 18.44km/L

カタログ燃費で見ると、ハイブリッド搭載のFZ・FXは圧倒的な燃費を誇っているのがよくわかります。

実燃費を見ても、やはりハイブリッドが一番よい数値を記録しています。

しかし、燃費達成率でいうとハイブリッドが60%前後に対し、FAは70%前後。

FAの方がよい数値なのは、恐らくe燃費における投稿数そのものが少ないためでしょう。

少ない投稿数の場合、ひとつの投稿で平均が大きく前後してしまうので注意が必要です。

実際、実燃費の投稿での最高記録は、ハイブリッドで26.81km/Lでした。

e燃費では、FAが100前後の投稿数に対して、HYBRID FZ・FXは1500を超えています

それだけ、最先端技術「マイルドハイブリッド」が注目を集め、選ばれているということですね。

 

最新テクノロジーで低燃費をサポート

出典:ワゴンR公式HP

ここでは、ハイブリッド搭載グレードFZ・FXの最新テクノロジーを紹介します。

マイルドハイブリッドとは?

出典:ワゴンR公式HP

「この“マイルド”って何?」と、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

ハイブリッドといえばプリウスやアクアが有名ですが、スズキのハイブリッドは異なります。

なぜなら、普通車に搭載しているハイブリッドシステムは大きすぎて、軽自動車へは装備できないからです。

そこで、スズキが独自開発した軽自動車のためのハイブリッドが「マイルドハイブリッドシステム」

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。その電力を活かして、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト。さらなる燃費の向上に貢献するハイブリッドシステムです。

引用:ワゴンR公式HP

つまり、改良した発電機兼モーターであるISGが、マイルドハイブリッドの肝心部分。

通常の発電機の働きをしつつ、走行のフォロー役までこなしてしまう、まさに一人二役の名役者です。

ISGがフォローしてくれるおかげで、ガソリンを使うエンジンの使用頻度が減ります。

そうすると、必然的に燃費がよくなるというありがたい仕組みなんですね。

自動で燃費節約アイドリングストップ

信号待ちなど、一時停止している時に自動でエンジンを止めてくれる機能「アイドリングストップ」

ワゴンRの場合は、時速13km以下になると作動します。

「え?時速13kmって早すぎない?急停止したりしない?」って不安になった方いるのでは?

確かに、時速13kmというと・・・完全には止まっていませんよね。

しかし、ここでもまたモーター(ISG)が働いてくれるんです。

マイルドハイブリッドは、アイドリングストップでエンジンが止まっても、モーターのみで走行可能

つまり、さらなる低燃費が期待できます

「たかが信号待ちだけで、そんなに変わらないでしょ・・・」

なんて、考える方もいるかもしれませんが、何事も少しずつの積み重ねが大切です。

「ちりも積もれば山となる」ってやつです!

暑い夏に活躍エコクール

「アイドリングストップ中って、エアコン止まるんじゃなかったっけ?」

この事実に気付かれた方、なかなかに鋭いです。

確かに、アイドリングストップ中はエンジンが止まるため、エアコンが送風に切り替わることが多いです。

しかし、ご安心ください!

それをカバーする機能「エコクール」が、しっかり搭載されています。

空調ユニットに内蔵された蓄冷剤のおかげで、エアコンの風が送風に切り替わっても涼しい風をキープ。

アイドリングストップ中でも快適に運転できれば、暑がりの方も一安心。

そして何より、エアコンの節約にもなって、エコなのが嬉しいですね。

ワゴンRの燃費は本当にいい?ライバル車と実燃費で比較

出典:ワゴンR公式HP

「ワゴンRの実燃費はわかったけど、実際のところ、他と比べてどうなの?」

気になるポイントですよね。

そこで、ワゴンRのライバル車である「ムーヴ」「NーWGN」の実燃費を一覧表で比較してみました。

実燃費の部分は、e燃費を参考にしています。

  平均実燃費 実燃費(最高値)
ワゴンR(HYBRID FZ・FX) 20.57km/L 26.81km/L
ムーヴ 19.30km/L 21.76km/L
N-WGN 18.69km/L 24.00km/L

実燃費(最高値)には、最新の投稿10個中の最高値を入れています。

やはりワゴンRの燃費の良さが際立っています。

最高値では、ムーヴとの差が約5km/Lもあります。

とはいっても、この数字だけではわかりにくいですね。

平均実燃費を使って、1ヶ月のガソリン代に換算すると、どのくらいの金額になるのか見てみましょう。

条件

・ワゴンR、ムーヴ、N-WGNの平均実燃費で計算

・ガソリン代 145円/L

・走行距離(1ヶ月) 100km(あまり乗らない)

            300km(買い物送迎中心)

                       500km(買い物と週末ドライブ)

  100km 300km 500km
ワゴンR(HYBRID) 705円 2,115円 3,525円
ムーヴ 751円 2,254円 3,756円
N-WGN 776円 2,327円 3,879円

この表から、1ヶ月500km走る場合のワゴンRとN-WGNの差は約350円。

つまり、年間で約4,200円・・・けっこうな差があります。

パートナーと一緒に映画を観たり、家族揃って外食に行ける値段ですね。

隠されたもうひとつの最新テクノロジー

実は、ワゴンRの燃費のよさに貢献しているのは、システムばかりではありません。

ハイブリッドを搭載しているにもかかわらず、車体がとても軽いのも特徴のひとつです。

  • ムーヴ:820kg
  • N-WGN:830kg
  • ワゴンR:770kg

その差、なんと50~60kg! 小柄な大人1人分も違います。

なるほど。これなら、燃費もよくなるはずです。

新しいシステムだけでなく、軽量化まで成功させるあたり、スズキの技術の結晶といえます。

歴代ワゴンRの燃費を調べてみた

出典:ワゴンR 25週年記念スペシャルサイト

長い歴史を持つワゴンR、その燃費はどう変化しているのでしょう?

一覧表で、初代からの実燃費を一気に振り返ってみましょう。

平均実燃費は、e燃費を参考にしています。

  カタログ燃費 平均実燃費
初代(型式:CT21S) 16.4~17.0 km/L(10・15モード) 13.11km/L
2代目(型式:MC21S) 18.0~19.0 km/L(10・15モード) 12.67km/L
3代目(型式:MH21S) 20.0 km/L(10・15モード) 13.52km/L
4代目(型式:MH23S) 19~23.6km/L(JC08モード) 16.30km/L
5代目(型式:MH34S) 26~33km/L(JC08モード) 19.68km/L
5代目 ハイブリッド(型式:MH44S) 32.4~33.0 km/L(JC08モード) 19.52km/L
6代目 ハイブリッド(型式:MH55S) 33.4km/L(JC08モード) 20.57km/L

カタログ燃費は計測方法が変わったりしていますが、代替わりするごとに燃費は上がっています。

2代目で少し実燃費が落ちたものの、それを除けば順当に上がっていますね。

特に、5代目の実燃費に注目してください。格段に改善されています。

その理由は、この5代目で初めて「S-エネチャージ」が導入されたからです。

そして、この「S-エネチャージ」をさらに進化させたのが、「マイルドハイブリッド」

スズキのテクノロジーは、進化するたびに同じように燃費も上昇しています。

最新テクノロジーである「マイルドハイブリッド」も、燃費向上に貢献してくれることでしょう。

まとめ

出典:ワゴンR公式HP

25年もの長い歴史の中で、進化を続けるワゴンRは、燃費の進化も継続中

中でも、ワゴンRハイブリッドは他のライバル車と比べても燃費がいいです。

最新技術マイルドハイブリッドシステムの実力は、確かなものといえますね。

運転が苦手でも、最新のテクノロジーの相乗効果が低燃費をアシストしてくれます。

初心者だけど、やっぱり燃費も気になる!そんな方にはもってこいの車。

もちろん、これから高まり続けるエコ精神にもふさわしい車といえましょう。

快適なドライブと低燃費、その両方を叶えてくれるワゴンRハイブリッド、これからも目が離せません。




お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ワゴンR

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.