ガチコン対決

タントVSスペーシア徹底比較!

投稿日:

ダイハツタントとスズキスペーシアってどっちがいいの?って迷いますよね。
そんな方に両車を燃費や価格、広さ、走行性などを比較してみました。
どちらにするのか決める手助けになると嬉しいです。

 

タントとスペーシアデータを比較

タントvsスペーシア比較

車名ダイハツ タントスズキ スペーシア
外観
価格1,203,429円~1,626,171円1,228,500円~1,745,100円
燃費(JC08モード)26.0km/l~28.0km/L26.0~29.0km/l
実燃費16km/l18.5km/l
グレードL/L SA/X/X SA/G/G SA/Xターボ/XターボSA/カスタムX/カスタムX SA/カスタムRS/カスタムRS SAG/X/T/カスタムGS/カスタムXS/カスタムTS
重量930kg~960kg840kg~870kg
サイズ
(全長✕全幅✕全高)
3395×1475×17503395×1475×1740
室内空間2200×1350×13652215×1320×1375
人気度
特徴ミラクルオープンドア
使い勝手のいい室内空間
燃費性能に優れている
収納も多い

こうして基本データを比較してみると、スペーシアの方が燃費性能に優れているのがわかります。
特に実燃費がいいですね。

重量がタントと比べて100kg近く軽いのも燃費に影響していると思います。
スズキ車は全般的に、カタログ燃費との差が少ないと実感しています。

室内の広さについてはそこまで大きく変わりません。
1~3cmの誤差なので違いはわからないでしょう。

販売台数を見てみると、タントに軍配が上がります。
新車販売台数ランキングを見てみると、タントは1位2位を争っていますが、スペーシアは7~8位とちょっと差がついています。

価格面では、若干ですがタントのほうが安くなっています。

走行性はスペーシア

実際に乗ってみると、走行性はスペーシアのほうがいいと思います。
スペーシアは重量が軽く、重心が低いため発進時のモッサリ感など不満があまりありません。
燃費向上のためかすこし固めの乗り心地になっています。

タントは重量が900kgを超えているのでやはりちょっと重さを感じます。
発進時や坂道で少しですがもたつきを感じました。
ただ、足回りにスタビライザーを装着しているせいか安定感はあります。

乗り心地は実際に乗ってみないとわからないところもあるし、好みもあるのでぜひ試乗して判断して下さい

 

スライドドア開口部はタントが勝利!

両車とも両側スライドドアとなっているので、小さな子供がいる家庭にとても人気があります。

スライドドアを開けた開口部分を比較してみるとタントのほうが広いです。
タントは助手席側がミラクルオープンドアといって真ん中の柱(ピラー)がありません。
そのせいもあり、助手席側の開口幅は605mmです。
スペーシアの開口幅は580mmと2.5cmの差があります。

さらに、ミラクルオープンドアなので、助手席のドアを開けると開口幅は1,490mmとなり、大きな荷物も簡単に積みこむことができます。
ピラーレスですが、実はドアに内蔵されているので安全面も問題ありません。

ミラクルオープンドアはタントの最大の特徴なのでぜひ見に行って体感してみてください。

結局どっちが買いなの?

違いはなんとなくわかったけど、どっちが優れているの?どっちを買ったらいいの?

と言われそうですが、私には決められません(笑)

強いて言えば、燃費で選ぶならスペーシア。人気度で選ぶならタントといったところでしょうか。

ミラクルオープンドアに惚れた!といってタントを選ぶ人も多いそうですよ。

とは言え、車選びで重要視することは人それぞれです。
価格なのか、燃費なのか、それとも車の顔の好みなのか・・・。

迷っているなら実際に試乗して比べてみるといいでしょう。

ただ試乗してもよくわからないと思うので、このサイトの情報を元にどこに着目して試乗するのかを事前に決めておくといいでしょう。

 

例えば、タントの発進時や坂道のモッサリ感やカーブでの安定感、スペーシアの固めの乗り心地、実燃費をチェックするなど。

また、この2台を競合させて値引き交渉をするのもとても効果的です。
値引き額の大きい方、または総額が安い方に決めるのもいいでしょう。

値引き交渉はこちらにまとめてあるので少しでもお得に購入して下さい。

スライドドア付き軽自動車は、タントとスペーシアの他にもNBOXとデイズルークスがあります。
他の車種とも比較したいのであればスライドドア軽自動車ランキングを参考にして下さい。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ! 最新の軽自動車ランキングをお届けします! 軽自動車を買おうと思うんだけど、どの車がいいのかよくわからない・・・。   一番売れているのはど ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ガチコン対決
-

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.