新型NBOXの口コミ評判まとめ

新型NBOXの口コミ評判まとめ

N-BOX(エヌボックス)は2011年12月にホンダから発売されたミニバン型の軽自動車で、2013年、2015年、2016年の販売台数No1という圧倒的な人気軽自動車です。

スライドドアや広い室内空間が家族持ちに人気を誇っています。

 

 

2017年9月にフルモデルチェンジをして、さらにパワーアップをしました!

そんな新型N-BOXの出来はどうなんでしょうか?

 

実際に購入した方々の声を聞いたり、自分で試乗してみたりして確かめてきましたよ!

 

N-BOXを実際に乗っている人たちの声

まず、試乗に行く前に口コミをチェック!

 

 

実際に購入した方や試乗に行った方の正直な声をまとめました。

 

 

良い口コミ

  • 外観デザインがさらにかっこよくなり、今の軽自動車の中では頭一つ抜け出た印象です。
  • インテリアの質感がいい!コンパクトカーよりも上質♪
  • シートの座り心地も抜群。タントと比較するとその差は歴然。
  • 軽自動車なのに天井も高いし、2列目も広くて快適です。
  • スライドドアなので駐車場で隣にぶつける心配がない
  • エンジンは静かだけどパワフル!加速も十分です。
  • ライバルに比べてパワフルな走りが気にっています

 

 

悪い口コミ

  • 風が強い日の高速道路が怖い
  • 燃費があまり良くない
  • 高速道路のノイズがやっぱりきになる(軽だから仕方ないかな)
  • 収納スペースがもう少し欲しい!
  • 横揺れが結構ある

 

 

 

 

NBOX口コミまとめ

N-BOXの最大の魅力はなんといっても室内空間の広さです。

 

初めて乗ったときの室内の広さには驚きました。

私は身長が175センチありますが、後部席に座って足を組んでもまだ余裕があります。

子育て中であればスライドドアも魅力的です。

N-BOXと同じタイプの車にダイハツタント、スズキスペーシアなどがありますが、サイズなどの違いはほとんどありません。

 

しかし、売れているのはダントツでN-BOXなのです。

 

ホンダ独自の技術である、センタータンクレイアウトによって、ライバルに比べて室内が広いんです。

また、ノンターボであっても力強い走りが特徴です。

 

フルモデルチェンジをして、安全性能や乗り心地も改善されました。

 

実際に試乗にいいってきたので、試乗レポートともにもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

 

nebikibana

 

N-BOX試乗レポート

先日ホンダカーズへ行き、Nシリーズを見て、N-BOXの試乗をしてきました。

 

→Nシリーズ3車種を比較!NBOX・NONE・NWGN

 

 

Nbox車内

 

デザインや走行性、安全性、価格についてじっくり見てきたましたよ!

 

 

外観デザイン

新型N-BOXのデザインは大きくN-BOXとN-BOXカスタムの2種類に分かれます。

 

N-BOXは丸みがあり老若男女だれでも親しみがもてるようなものに感じました。

家族や女性が運転するのも合う感じです。

 

カラーバリエーションも豊富で鮮やかな黄色やピンクもかわいかったです。

 

 

こちらがN-BOX↓

新型N-BOX

 

 

 

 

N-BOXカスタムは厳つい表情で男性好みでしょう。

 

こちらがN-BOXカスタム↓

 

N-BOXカスタムは軽とは思えない程の高級感があり、大人の品格を感じられるデザインです。

内装もN-BOXカスタムは黒を基調として落ち着いて豪華さを感じらえる仕上がりになっています。

 

どちらかというと男性的なイメージで黒が似合う感じでした。

但しN-BOXカスタムの方がノーマル仕様よりも30万円程高くなってしまうので悩みどころです。

 

 

個人的には明るい内装と親しみのある外観のN-BOXノーマルタイプが気に入りました。

 

人気カラーはどれ?

カラーバリエーションが豊富でどの色にしようか迷ってしまいますよね。

N-BOX基本カラー9色に、2トーンカラーが4パターン用意されています。

 

 

 

N-BOXカスタムは、基本カラー6色に、2トーンカラーが5パターンあります。

 

 

 

どの車でも人気色というのはある程度決まっていて、白と黒がダントツで人気があります。

カスタムなら紫も人気ですね。

 

もし、3~5年乗って売ろうと考えているなら、白か黒にしておいたほうがリセールバリューも高いのでおすすめです。

 

乗り潰すつもりなら、自分が好きな色を選べばいいでしょう。

 

 

カタログやホームページで使われている「モーニングミストブルーメタリック」も人気が出そうですね!

 

 

 

落ち着いていて、上質なインテリアデザイン

外観がかっこよくても、インテリアがプラスチックでチープだとがっくりきますよね。

 

N-BOXは違います!

 

 

N-BOXはブラウンを基調にした落ち着いたデザイン。

画像出典:公式サイト

 

 

N-BOXカスタムは黒を基調にしたシックなデザインに仕上がっています。

画像出典:公式サイト

 

 

カスタムはかなり上質感がありますよね。

その辺のコンパクトカーよりも全然高級です!

 

 

シートや後部席もかっこよく仕上がっていますよ。

ぜひ自分の目で見て確かめてきてくださいね!

 

 

室内が半端なく広い!

NBOX、予想以上に広いです!

 

後部席の広さは半端ないですね。

 

室内高はなんと1400mmもありますので、実際に車内の面積よりもずっと広く感じられます

 

「子供が車内で立って着替えることができる」そんなうたい文句もありますが、これも決して大袈裟な表現ではありません。

 

小柄な女性であれば、少しかがむだけで楽に車内を移動できてしまいます。まして子供であれば、十分に着替えくらいはできるでしょう。

 

 

運転席と後部席の間がかなり余裕があります。

子供用の布団を敷いて寝れるくらい広いです(笑)

 

スーパースライドシートが家族使いには最高

新型N-BOXには今までよりもより使い勝手が良くなる工夫がされています。その代表がスーパースライドシートです。

 

 

助手席の前後スライドが通常よりも大きくできるので車内を自由に移動することができます。

最大57㎝のスライドが可能なので、後部座席の子供の位置まで下げることができますし、運転席から助手席側を通って降りることもできます。

 

 

私の場合、子供が小さいので、後部座席にチャイルドシートをつけることが多いです。長時間座っているとグズってくることも多いです。

そんな時にスーパースライドシートがあれば妻が後部座席の子供の様子をすぐに見ることができるので安心できます。

 

 

ラゲッジスペースはそこまで広くはない

 

ただ、やはり軽自動車なので、ラゲッジスペースはあまり広くありません。

 

後部席が非常に広い代わりに荷台が狭くなっています。

 

このくらい↓

NBOX荷台

 

 

でも後部席がスライドするし、シートアレンジも豊富なので、荷物をたくさん積みたい時も大丈夫です!

 

中古車で購入する場合は、スライドしないモデルもあるので注意してくださいね!

 

 

後部座席のアレンジはN-BOXの得意分野

N-BOXは後部座席を倒すことで多くの積載が可能となります。

 

また高さがあるので自転車やベビーカーもそのまま入れることができます。

 

後部座席を前に倒せばフラットに近い状態になるので、大きな荷物も簡単に積み込むことができます。

 

家族と一緒に出掛けるときに問題となる用途を想定してある設計は、とても使い勝手がよさそうです。

 

シートアレンジがここまで自由にできることで、車中泊ができるような空間も作れるでしょう

アウトドアやキャンプにも使いやすい仕様になっているので、普段の街乗りから、休日のキャンプまで幅広く使えるのもN-BOXの人気の秘訣でしょう

 

 

フルサイズの自転車をそのまま積み込むことだってできてしまいます。

 

NBOX27インチ自転車

 

 

 

死角をカバーするミラー

 

死角になりやすい助手席側のミラー下や後部を確認できるようなミラーが設置してあって便利かも!と思いました。

 

NBOXピタ駐ミラー

 

女性目線で開発しているだけあって、収納やフックなど工夫されています。

 

 

 

パワーがある走りに驚き

実際に試乗してみて感じたのがその走りの良さと視界の良さです。

音も静かでパワーもあるので、軽ですが全く走りの不満はないですね。

 

むしろコンパクトカーよりも大分快適です。

視界が広いので運転しやすく、女性でも安心して運転できますね!

 

 

信号待ちの時はアイドリングストップでエンジンが停止しますし、走行中の静粛性も高かったです。

 

 

一点弱点があるとすれば、それは横風からのあおりに弱いということです。

車高が高いので構造上ふらつきやすいとのことです。

 

 

これは、背の高い車の宿命でしょう。

しかし、新型N-BOXは空気抵抗も改良しており、旧仕様に比べると横風の耐性も上がっていることのことです。

 

 

 

トールワゴンの場合、通常のハッチバックタイプの軽と比較すると、車重が重くなってしまいがちなことから、走行に不安を感じている方もいるかもしれませんね。

 

事実、トールワゴンタイプの軽自動車はどうしても加速が悪い…なんてことも少なくありません。

 

しかし、N-BOXはパワフルな専用設計エンジンが搭載されており、NAでも58馬力、さらにターボでは64馬力となっています。

 

街乗りではもちろんのこと、ちょっとした山道や高速道路でも、不安を感じることはありません。むしろ、かなり余裕があります。

 

 

 

ただ、その分燃費が悪くなっています

 

→N-BOXの実燃費はどのくらい?

 

 

 

カタログ燃費は27.0km/lですが、実際の燃費は16~20km/lくらいになるでしょう。

 

パワーを取るか、燃費を取るかは利用状況によって変わるでしょう。

 

 

燃費よりも試乗して感じたのは走りの伸びやかさです。

実際に他の軽自動車(タント・スペーシア)等と比べても7馬力程違い、軽とは思えないパワーを感じることができました。

 

軽自動車だと車を運転する楽しみを感じることができないと思っていましたが、N-BOXは走る楽しさも十分感じられたのが良かったです。

 

力強い走りと燃費のバランスが取れているので、ただ燃費が良いだけの車とは一線を画す考えで作られていると思います。

 

 

N-BOXの安全性能は?ホンダセンシング標準装備!

子供を乗せることも考えているなら、安全性も非常に重要なポイントになるでしょう。

 

モデルチェンジした新型N-BOXには、全グレードでホンダセンシングが標準装備されています!

 

ホンダセンシングは、レーダーとカメラで危険を検知してくれます。

 

 

主な機能は以下の通り

 

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

 

 

中でも特に安全に運転ができると感じたのが、追突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、歩行者事故軽減ステアリングです。

これらのシステムが装備されているので、N-BOXは家族層からも高い支持を得ているのだと納得しました。

 

 

N-BOXの価格は?

では気になる価格についてもチェックしておきましょう。

 

 

グレードごとの価格表です↓

N-BOX 車両本体価格
G 138.5万円
G・L 149.9万円
G・EX 159.6万円
G・Lターボ 169.5万円
G・EXターボ 174.9万円

 

N-BOX Custom 車両本体価格
G・L 169.8万円
G・EX 175.2万円
G・Lターボ 189.5万円
G・EXターボ 194.9万円

※4WD車は13万プラス程度

軽自動車の中では、比較的高めの価格設定となっています。
グレードやオプションによって大きく価格が前後しますので、一度あなたの理想のスペックで見積をとってみましょう。

最廉価グレードであっても、基本的なスペックは備えられていますので、あまりこだわらない方は、低いグレードのものでも満足できるでしょう。

 

 

おすすめのグレード

グレードで一番人気となっているのは、N-BOX G・Lグレードとのことです。

 

G・Lグレードはノーマル仕様にパワースライドドアと充電用USBジャック、ロールサンシェードが付いたものです。

個人的には家族で利用する機会が多くなるので、子供の乗り降りが楽なパワースライドドアと充電用USBジャックは必須かなと思いました。

 

 

あとは使い方によってスーパースライドシートをつけるかどうかですが、家族が多く、助手席の利用方法が広がるので、スーパースライドシートはつけておいた方が使いやすさが違うと感じました。

 

ターボを付けるか迷うところですが、N-BOXはノーマルでもパワーがあるので、街乗り中心なら必要ないでしょう。

 

 

山道や高速道路をよく走るなら、ターボも検討するといいですよ!

 

 

 

見積もり書を公開

試乗に行った時に、見積り書をもらってきました。

 

 

 

N-BOX G・Lグレードで総額187.2万円。

 

車両本体価格+32万円でした。

 

内訳としては、オプションが18.8万円に諸費用が21.4万円。値引きが3万円です。

 

 

値引きに関しては、モデルチェンジしたばかりですし、初回の来店ということでこんなもんかな。という感じですね。

 

 

N-BOXの値引きはどのくらいできるのか?

では、値引き交渉をすればどのくらいの値引きができるのでしょうか?

 

12月ころまでは、値引きは渋いでしょう。

モデルチェンジしたばかりですし、売れに売れている車なのでディーラー側も強気できます。

 

なので、5万円~8万円程度できればいいほうかもしれませんね。

 

 

モデルチェンジから半年ほどたてば値引きも落ち着いてきます。

 

 

目標値引き額は、車両価格の10%程度。

 

今回のG・Lパッケージなら15万円は狙いたいところ!

 

 

 

しっかりと交渉してお得に買いたいですね。

 

値引き交渉のポイントはこちらを参考にしてください。

 

→N-BOXの最新値引き相場と値引き交渉のポイント

 

 

2017年秋フルモデルチェンジで何が変わった?

今回のモデルチェンジで、何が変わったのか?

 

外観デザインも少し変わりましたが、今回の注目は次の2つでしょう!

 

 

・スーパースライドシート

・ホンダセンシング標準装備

 

スーパースライドシートは、子供がいる家庭ではかなり重宝しそうです。

ただ、G・EXグレードにしか装備されていないのでご注意を!

 

 

ホンダセンシングが標準装備になったのもうれしいですよね。

衝突軽減はもちろん、クルーズコントロールなど運転を楽にしてくれる技術も搭載されいてるので、試乗にいったらじっくりと話を聞いてみてください。

 

 

 

 

管理人より一言

子育て中のパパとしてはNBOXは非常に魅力的な車です。
タントと比較されていますが、エクステリアは僕はNBOXのほうが好きかも。

男性向きの顔だと思います。

 

ただ、収納がタントに比べると少ないという意見が結構ありました。

 

 

タントも見てきましたが、確かに車内の利便性は高いかもしれません。

 

→タントってぶっちゃけどうなの?口コミ、燃費、値引きの最新情報

 

ママにとっては収納スペースが多いほうがいいと思う方もいるでしょう。

この辺りは実際に見て触って比べてくださいね。

 

 

 

あと燃費。N-BOXの燃費は確かにイマイチです。

 

カタログ燃費で25.6km/l(JC08)なので実燃費は15~18km/l位になると思います。

スライドドア軽自動車の中で燃費がいいのはスペーシアです。

2015年にマイナーチェンジをしてS-エネチャージが全グレードに搭載されました。
カタログ燃費はなんと32.0km/lとライバル車に比べて飛び抜けて低燃費になりました。

 

 

 

でもNボックス、売れています。2013年、2015年、2016年の販売台数No1軽自動車です。

他の軽自動車に比べるとちょっと値段が高くなっていますが、その分魅力も多いのです。

 

 

 

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、多くの方はディーラー下取りに出しますが、それだと損するかもしれません。
下取りではなく、買取専門店に売るほうが高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(8年落ち7万キロ)を査定したところ、18万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は7万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられます。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

ホンダ NBOX

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る