軽自動車の廃車手続き?一時抹消と永久抹消登録の違い

軽自動車の廃車手続き?一時抹消と永久抹消登録の違い

haisha

もう乗らなくなってしまった車。
そのまま敷地に保管しておくという手もありますが毎年税金もかかるし、車検だってしなければなりません。

維持費の面から廃車にしようという方も少なくないはず。
ですが廃車手続きとはいっても実は種類が存在するってご存知でしたか?

 

廃車にも種類がある?

軽自動車を廃車にする場合、方法は2種類あります。

永久抹消登録と一時抹消登録にわかれていて、同じ廃車手続きでも違いがあります。

 

永久抹消登録

まず永久抹消登録は一般的な「廃車」のイメージのまま、車を解体したうえで登録を抹消する手続きです。

そのためその車に二度と乗ることはできなくなります

事故で修理も及ばないほど壊れてしまった場合や台風などの自然災害によって損傷を受けた場合。
さらに長年乗っていて買い替えるつもりもない、というような場合はこちらがおすすめ。

また津波や河川の氾濫などで車が流されてしまい、行方不明になってしまった場合も永久登録抹消の手続きが必要になります。

 

一時抹消登録

そして一時抹消登録は車体自体は解体せず、一時的に登録を抹消する手続きです。
簡単にいえば一時的な利用停止、というニュアンスですね。

車を解体せずに登録を抹消するため、再度登録し直せば再びその車に乗ることも可能です。

長期的な出張や入院。

もしくはお子さんが免許をとれる年齢になるまでは乗らないなど、期間限定で乗らないことが決まっている場合によくすすめられる方法で、この手続きを行えば自動車税は課税されなくなります

そのため実質維持費ゼロで車を保管することができるのです。

 

基本的にはどちらの場合でもきちんと手順通りにすすめれば問題なく手続きを行うことができます。

しかしなかには廃車手続きができないケースもありますので、気を付けましょう。

 

廃車手続きができないケース

廃車手続きができない例といえば所有者の承諾がない場合

所有者に黙って廃車なんて普通はしない、と思う方も多いかもしれませんがディーラーでローンを組んで購入し、そのローンが残ったままだとこれに当てはまります。

ローンを組むと一見自分のものになったような印象を受けますがローンを完済し終えるまで車の所有権はディーラーが運営するローン会社にあることがあるのです。
そのため返済中にローン会社の承諾なしに廃車手続きを行うことはできません。

ただ同じようにローンを組んで購入したとしても所有者が本人にあるのであれば、廃車手続きは可能です。

しかし廃車にしたからといってローンがなくなるわけではないので注意しましょう。

 

ほかにも2年以上自動車税を滞納していて嘱託保存という措置をとられていると税金を納付しない限り廃車手続きを行うことはできません。

 

 

軽自動車の廃車手続きは?必要書類は?

廃車について詳しく紹介したところで手続きについてもあわせて紹介します。

 

永久抹消登録の手続きと必要書類

まずは永久抹消登録に必要な書類から。

 

・所有者の認印
・車検証
・ナンバープレート(前後2枚)
・使用済自動車引取証明書
・マイナンバーカードまたは通知カードのコピー 

永久登録抹消の場合、手続きを行う前に車の解体をしておく必要があります

解体が完了した際にもらえる、使用済自動車引取証明書を用意しておかないと手続きができませんので注意しましょう。

以上の書類が用意できたら最寄りの軽自動車検査協会の窓口へ行き、解体届出書と軽自動車税申告書に記載をして提出すれば手続き完了です。
登録はきちんと抹消され、課税されることはありません。

また車検まで1ヶ月以上のあいだがあいているなら重量税が月割されて返ってきますので、こちらも忘れず手続きを行うようにしましょ
う。

また手続きに関する手数料は無料

ただ解体業者へ解体を依頼する場合は有料となり、相場は1万円ほど。

レッカーで持っていってもらうか自分で解体場まで持ち込むかによって多少値段が変わってくることもあるようです。

 

一時抹消登録に必要な書類と手続き手順

次は一時抹消に必要な書類です。

 

・所有者の認印
・車検証
・ナンバープレート(前後2枚)
・手数料納付書
・軽自動車税申告書
・自動車検査証返納証明書交付申請書
・自動車検査証返納届出書

一時抹消の場合は永久抹消よりも必自分で用意する必要書類が少ないのですが、協会で入手する書類は多くなっています。

こちらも永久抹消登録同様、必要書類をもって窓口へ行き指定された書類を書いて提出すればOK。

ただ一時抹消の場合、手続きが完了すると自動車検査証返納証明書をもらうことができます。

この書類は一時的に登録を消している車を再度登録するときややっぱり使わないから解体する、というときに必要になります。
必ずなくさないよう大事に保管しておいてください。

ちなみに一時抹消の手数料は自動車検査証返納証明書の申請手数料として1件当たり350円です。

一時抹消に永久抹消、さらには自動車検査証返納証明書など難しい言葉が並び、難しそうに感じる廃車手続きですがポイントをおさえればそこまで難しくはありません。
ただ永久抹消してしまうとその車に二度と乗ることはできなくなってしまいます。

一時抹消のあとでも解体さえすれば永久抹消はできますので、早まって解体に踏み切ってしまい、後悔することのないようにしましょう。

 

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

お役立ち情報

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る