タイプ別 ライターコラム

運転しやすい軽自動車

更新日:

運転があまり得意じゃない女性や、免許はとったけど何年も車に載っていなかったけど急に必要になったペーパードライバー、または免許取りたてホヤホヤの初心者若葉マーク運転手。

なるべく事故を起こしたくないから『運転しやすい軽自動車』がほしい!

と思うのは当然ですね。

でも、運転しやすいってどういうことでしょうか?

事故を起こさないように自動操縦してくれる車があればいいのですが、残念ながらまだ自動操縦の車はありませんしね!

運転しやすい車の条件

僕が考える運転しやすい軽自動車の条件を上げてみます

  • 小回りが効いて細い道でも余裕
  • パワーがあって峠でももっさりしない
  • 前後の視界が開けていて死角が少ない
  • 車内空間が広くて圧迫感がない
  • 揺れやノイズが少なく走りが安定している

 

→運転しやすい軽自動車ランキングBest3

 

 

[memo_h4 style="1" color="black"]小回りがきく(最小回転半径)[/memo_h4]

軽自動車は、普通車に比べて全般的に小回りが効きます。

軽自動車の最小回転半径は4.2m~4.8mです。

人気軽自動車を調べてみると

スズキスペーシア:4.2m
ダイハツタント:4.4m
ダイハツムーヴ:4.4m
スズキワゴンR:4.4m
日産デイズ:4.4m
スズキハスラー:4.6m

となっています。

大体が4.4mで誤差0.2m(20cm)なので、実際に乗ってみても、違いがわからないかもしれません。

ちなみに、日産セレナ(ミニバン)は5.5mです。

[memo_h4 style="1" color="black"]パワーがある(馬力・トルク)[/memo_h4]

軽自動車にパワーを求めるなら馬力とトルクを見てください。

トルクとは:瞬発力、加速力。アクセルを踏んだ瞬間の瞬発力

馬力とは:回転力を持続させる力。坂道で速度を保てるか

ただ、軽自動車のパワーはあまり期待できません。

出足やパワーを求めるならターボをつけるのが一番です。

燃費はちょっと悪くなりますが、出足もキビキビ、上り坂もバリバリになります。

 

 

[memo_h4 style="1" color="black"]視界が開けている[/memo_h4]

視界はとっても大切です。
左折や右折時に死角になると歩行者などが見えなくなることがあります。

また、サイドミラーやバックミラーの視界が悪くてこすってしまうこともあります。

サイドやバックの視界についてはモニターを付けるといいかもしれません。

最近は日産デイズに採用されたアラウンドビューモニターというもので、上から見た映像が映るモニターもあります。

走行時の視界については今まで乗っていた車等との比較もあるので、実際に乗ってみるのが一番です。
乗ってみて初めて死角が多いことに気がつくこともありますよ。

[memo_h4 style="1" color="black"]車内空間が広い[/memo_h4]

狭い車内だと圧迫感があってリラックス出来ない。
という方もいると思います。

身長が高い男性も、天井が低いとそれだけでストレスになります。

車内が広い軽自動車といえば、ワゴンRやムーヴなどといったハイトワゴンや、タント、N-BOXと言ったエクストラハイトワゴンがあります。

非常にゆったりとした車内空間なので、リラックスして運転できると思います。

[memo_h4 style="1" color="black"]安定感がある[/memo_h4]

揺れやロードノイズが大きい車は長時間のっていると疲れてしまいます。
買い物などの街乗りだけならいいですが、高速道路にも乗りたい、たまに遠出をする等の場合安定感のある車を選ぶのがいいでしょう。

ただ、軽自動車はどうしてもシートが固く、パワーもないので高速道路や長距離では不安定です。

中でも安定感があると思われる軽自動車は、車内空間が広い車でも紹介した、ハイトワゴンやエクストラハイトワゴンがいいでしょう。

運転しやすい軽自動車ランキングBest3

スズキワゴンR

wagonr

エネチャージによって30.0km/lという軽ワゴン低燃費No1を誇っています 衝突回避システムや誤発信抑制機能などの安全機能も充実。

日産デイズ

dayz03.

アラウンドビューモニターで縦列駐車もラクラク! 空気抵抗を最小限に抑える形になっていて、燃費もUPして横転の心配もあまりない。

ダイハツタント

tannto

車内空間が非常に広く視界もいいです。 また、スマートアシストで衝突を防いでくれるので安心。 ただ、背が高いので横風などの影響を受けやすい。

まとめ

すべての条件を満たす軽自動車というのはなかなかありません。

それに、人によって身長や感覚が違うので、ある程度車種を絞ったら実際に試乗してみて、視界や小回り、パワーなどを確かめてみてくださいね。

軽自動車と普通車を比較すると、やっぱり普通車のほうが安定感やパワーは有ります。
しかし、軽自動車は小回りでは一番だし価格も維持費も安いという利点があります

やはり自分に合う運転しやすい車を見つけるには実際に足を運んで試乗してみるしかないでしょうね。

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、多くの方はディーラー下取りに出しますが、それだと損するかもしれません。
下取りではなく、買取専門店に売るほうが高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(8年落ち7万キロ)を査定したところ、18万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は7万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられます。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

あなたにおすすめの記事

1

【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ! 最新の軽自動車ランキングをお届けします! 軽自動車を買おうと思うんだけど、どの車がいいのかよくわからない・・・。   一番売れているのはど ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-タイプ別, ライターコラム

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.