スズキ ワゴンR

ワゴンRで快適に車中泊する方法。シートアレンジやグッズも紹介

投稿日:

「妻と二人で満天の星を眺めたい」

「キャンプで息子にいいところを見せたい」

なんて思っても、車の寝心地が最悪で、せっかくの思い出が台無しに・・・

そんなことにならないように、ワゴンRで快適に車中泊する方法を調べました。

今回はワゴンRの車中泊で大切なポイントとなる、

  • シートアレンジ
  • 段差を吸収してくれるマット
  • 欠かせない快適グッズ
  • 失敗しないための注意点

について詳しく解説します。

ワゴンRで車中泊して、すてきな思い出を作ってください。

ワゴンRで快適に車中泊できるの?

オレ
ワゴンRって快適に車中泊できるの?

はい!快適に車中泊できます

実際に車中泊しているようすを見てみましょう。

このようにマットや毛布を敷けば、ワゴンRでも難なく車中泊できます。

椅子やテーブルも準備して、まるで秘密基地のよう。

童心に戻ったみたいで、楽しそうでしょ?

車庫の中でさえ、こんなにワクワク感があるんだから、大自然の中ならなおのことです。

オレ
なるほど。でも、車中泊っていろいろと大変そう

いえいえ、そんなことはありません。

驚くことなかれ、ワゴンRで400回以上!も車中泊したツワモノもいるくらいです。

重要なのは事前のちょっとした準備だけ。

次の3つのポイントさえおさえておけば、心配しなくても大丈夫ですよ。

  • ゆったりしたスペースを確保する
     ⇒ シートアレンジを工夫する
  • 平らでやわらかなベッドを作る
     ⇒ 段差を吸収してくれるマットを買う
  • 車内の環境を家に近づける
     ⇒ 車中泊に欠かせない快適グッズをそろえる

それぞれ詳しく説明しますね。

ワゴンRでゆったりスペースを確保するシートアレンジ

快適な車中泊に最も大切なのは、ゆったりしたスペースを確保するシートアレンジです。

ここでは、ワゴンRの車中泊でおすすめのシートアレンジを3つ紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを確認して、用途に合ったシートアレンジを選んでくださいね。

公式フルフラット

引用:ワゴンR公式サイト

公式フルフラットとは、写真のように前席をリクライニングさせるシートアレンジ。

オレ
これでいいじゃん。公式のシートアレンジだし

はい、公式のシートアレンジなので、安心感がありますね。

しかし、残念ながら175cm以上の方は足を伸ばして横になれないんです

ほんのちょっとでも足が窮屈だと、やっぱりストレスになります。

また、シートをそのままベッドにするため、デコボコが大きいというデメリットも。

デコボコや段差、隙間を埋める方法は後ほど紹介するとして・・・

まずは、公式フルフラットのメリット・デメリットを確認しましょう。

メリット

  • 公式のシートアレンジである
  • 二人で横になれる
  • 荷室に荷物を積んだまま寝られる

デメリット

  • 175cm以上だと足を伸ばして横になれない
  • デコボコが大きい
オレ
身長175cm以上だと足が伸ばせないのは困るなー

そんな長身の方のために、足が伸ばせるシートアレンジを紹介します。

一人用フルフラット

引用:ワゴンR公式サイト

一人用フルフラットとは、助手席と後席を前に倒すシートアレンジ。

公式サイトでは、家具やスポーツ用品など長い荷物を置く方法として紹介されています。

縦に195cmのスペースがあるので、長身の方でもラクラク横になれます。

ちょっとした隙間ややわらかい部分も残りますが、3つのシートアレンジの中で最も平らです

段差が少ない荷室側を頭にすることで、より快適に眠れます。

なぜなら、人間の体は上半身の方が重くて敏感にできているからです。

そのため、平らな方を頭にすることでデコボコを感じにくくなるんですよ。

一人用フルフラットの大きなメリットは、荷物を片付けずにそのまま運転できること。

やっぱりアクションを起こすたびに、荷物をまとめたりほどいたりするのは面倒です。

荷物を気にせず、休みたいときにすぐに横になれるのは嬉しいですよね。

一人用フルフラットのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 荷物を片付けずにそのまま運転できる
  • 身長195cmまでなら、足を伸ばして横になれる
  • 3つのシートアレンジの中で最も平ら

デメリット

  • 一人しか寝られない
  • 荷室が使えない
  • 前席と後席の間に隙間がある
  • 前席シートの裏がやわらかい
オレ
でも、一人しか寝られないよね

大丈夫!長身の方が二人でも寝られるシートアレンジだってあります。

非公式フルフラット

引用:ワゴンR公式サイト(画像はイメージ図)

非公式フルフラットとは、前席をリクライニングさせ、後席を前に倒したシートアレンジ。

3つのシートアレンジの中で最長となる217cmものスペースを確保できます。

非公式フルフラットの場合も、前席より段差が少ない荷室側を頭にすると、デコボコを感じずに快適に眠れます。

オレ
二人でもゆったり寝られそうだね

はい、非公式フルフラットが一番広いスペースを取れます

しかし、その分荷物を置くスペースが少ないのが欠点ですね。

また、リクライニングさせた前席のデコボコも気になるところです。

最後に、非公式フルフラットのメリット・デメリットをまとめておきましょう。

メリット

  • 二人で寝られる
  • どんなに長身でも足を伸ばして横になれる
  • 3つのシートアレンジの中で最も広いスペースを取れる

デメリット

  • 荷室が使えない
  • 前席側のデコボコが大きい

ワゴンRの段差を吸収してくれるおすすめのマット

オレ
快適に眠るにはどんなマットがいいの?

すばり、段差を吸収して体重を分散してくれるマットです。

快適な眠りをばっちりサポートしてくれますよ。

ここでは

  • 一人で手軽に車中泊したい方
  • 二人用サイズで寝心地のよさを求める方

におすすめのマットを紹介します。

サーマレスト

引用:Amazon

最初に紹介するサーマレストは、クッション性が高いだけでなく、断熱性や耐久性もバッチリ。

使わない時はパタパタと折りたたんで、簡単に収納できるから場所も取りません。

さらに、キャンプや登山などのアウトドアシーンで幅広く使える優れもの。

これほど高機能ながら、価格は6,482円とお手頃です。

機能性抜群でリーズナブル、かつコンパクト収納・・・これは買いです!

特に、一人で手軽に車中泊したい方にピッタリのマットです。

ワゴンR専用スマート車中泊マットW

引用:楽天

寝心地を追求するなら、ワゴンR専用スマート車中泊マットWがおすすめ。

28,500円と高額ですが、楽天の車中泊マット用品で売上ナンバーワンの人気を誇ります。

オールシーズン対応で、さらさら快適メッシュとはっ水・透湿機能付きです。

二人分のスペースをカバーするのはもちろん、非公式フルフラットの段差を埋める専用クッションも付属

見るだけでフカフカ、触り心地も良さそうです。

これなら、快適な眠りにいざなってくれること間違いなし。

自宅にいるみたいに、いや自宅以上に安眠できるかも?

段差や隙間を埋める方法

オレ
マットを敷いても段差が気になる時はどうすればいいの?

そんな時は「タオルや毛布」と「板」を使いましょう。

小さな段差にはタオルや毛布を重ねます。

大きな段差がある場合は、厚手のタオルや毛布などを折りたたんで調整すればOK。

段差を埋めてしまえば、あとはその上に板を渡してマットを敷くだけ。

マットを敷いた面がより平らになるので、思いのほか快適に眠れますよ。

やわらかい部分や隙間がある場合は、固いもので補強します。

それから板を渡して、その上にマットを敷きましょう。

このように、段差や隙間を埋める時に便利なのが「タオルや毛布」と「板」。

車中泊する際は忘れず持参、特にタオルはいろんなシーンで重宝しますよ。

ワゴンRの車中泊に欠かせない快適グッズ

オレ
マットも買ったし、これで準備OKだね

いえいえ、まだです。

車中で過ごすからといって、車内環境を整えるだけでは終わりません。

その他にも、まぶしい光や騒音などの問題があります。

そんな問題を解決してくれる快適グッズを紹介します。

カーテンやサンシェード

引用:楽天

やっぱり、快適な眠りに欠かせないのがプライバシー空間。

外からの視線や街灯などが気になった状態では、とても眠れませんよね。

疲れ果てて眠れたとしても、朝日がまぶしくて早朝に起こされてしまうかも。

外の光をしっかりと遮るカーテンやサンシェードは、車中泊に欠かせないアイテムです。

この「ワゴンR専用サイドカーテンセット」は、光をばっちりガードしてくれる頼もしい存在。

しかも、誰でもかんたんに取り付けられるから、手軽で便利です。

耳栓

引用:Amazon

慣れない環境では、いつもとは異なる音が気になって眠れないもの。

熟睡してすっきりと目覚めるために、耳栓を持って行きましょう。

LEDランタン

引用:Yahooショッピング

車内灯をつけっぱなしにすると、バッテリーが上がってしまうかもしれません。

ですので、車中泊の照明には、安全に長時間使用できるLEDランタンがおすすめ。

FireflyのLEDランタンなら、炎の色を再現したやわらかな光がアットホームな雰囲気を演出してくれます。

さらに、非常時に活躍する明るい白色光と、少しだけ灯りが必要な時のための小型LEDを装備。

ほこりや水滴にも強く、アウトドア全般で使用できるので、ひとつ持っていると重宝します。

折りたたみテーブル

引用:Amzaon

食べたり飲んだり、ちょっと物を置こうと思った時、テーブルがないとかなり不便ですよね。

折りたたみテーブルを忘れずに持って行きましょう。

何か土台があるだけで、スマホ片手にコーヒータイムなんて優雅なひとときを過ごせます。

この「キャプテンスタッグ」のアルミテーブルなら、適度な大きさなので車中泊にピッタリ。

しかもキャリーケース付属で重さも700gと軽いため、持ち運びも楽ちんです。

アウトドア用品って重いから苦手!という方にも安心ですね。

ワゴンRの車中泊で失敗しないためのチェックポイント

オレ
今度こそOKだよね

すみません、最後に一番大切なことがあります。

出発前に必ず、実際に寝られるかどうか試してみてください。

車中泊はシートアレンジ、マットにグッズと多くの準備が必要です。

準備に夢中になって、そのまま出発!

いざ寝ようとした時に「〇〇が足りない!」と思っても・・・近くにお店がない、なんてことも。

チェックすべきポイントをあげておくので、失敗しないよう事前にしっかり確認しましょう。

事前にチェックすべきポイント

  • シートアレンジやマットの準備がスムーズにできるか
  • 段差や隙間を埋めるものが十分にあるか
  • 実際に横になってみて寝心地が良いか
  • マットを敷いた時、荷物の置き場所が足りているか
  • 眠るシーンを想像した時、足りないものがないか
  • 食事など、就寝以外のシーンを想像した時、足りないものがないか
  • 宿泊場所の周辺にどのような設備やお店があるか

まとめ

ワゴンRは、工夫次第で快適に車中泊できます。

シートアレンジは、前席をリクライニングさせ、後席を前に倒す方法がおすすめ。

いくらか段差は残りますが「タオルや毛布」と「板」で埋めればOK!

段差をしっかり吸収してくれる専用マットなら、デコボコを感じなくなるので快適な車中泊が楽しめます。

車中泊で失敗しないために、事前の準備と快適グッズは忘れずに。

さあ、ワゴンRで特別な思い出づくりの旅に出かけましょう。




お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-スズキ, ワゴンR

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.