スライドドアとヒンジドアの比較

スライドドアとヒンジドアの比較

suraidoa

最近はスライドドアの軽自動車が増えてきていますが、スライドドアと言っても両側スライドドアなと片側スライドドアがあります。

また、両側スライドドアでも片側だけ電動スライドドアの車と両側電動スライドドアのものがあります。

スライドドア軽自動車とヒンジドア軽自動車のメリット・デメリットをまとめましたので購入前に参考にしてもらえると嬉しいです。

 

→スライドドア軽自動車の比較ランキングはこちら

 

スライドドア

 

デメリット

  • 電動スライドドアは開閉に時間がかかってイライラする
  • 手動スライドドアは重い(坂道は特に)
  • 重いので半ドアになりやすい
  • 電動の場合、故障すると修理代が高い

 

メリット

  • 隣の車にぶつける心配がない
  • 電動なら子供を抱っこしたまま開けられる
  • 運転席やカギでドアの開閉を操作できる
  • 開口部が広いのでチャイルドシートへの乗せ降ろしが楽
  • 子供でも簡単に開けられる(危険性を考えるとデメリット?)
  • 子どもやお年寄りでも乗り降りがしやすい設計

 

ヒンジドア

デメリット

  • 狭い場所だと大きく開けない
  • 大きく開けないと乗り降りがしにくい
  • 隣の車にぶつける心配がある
  • チャイルドシートへの乗せ降ろしがしにくい

 

メリット

  • 開閉が素早くできる
  • 多くの車に採用されているので慣れている

いかがでしたか?少しは役に立ったでしょうか?

はっきり言って、小さな子供がいるお家や、大きな荷物を積むことがよくある方以外はスライドドアはそこまで必要ないかなと思います。

子育て中なら両側スライドドアが便利!

僕は現在両側スライドドア(片側のみパワスラ)に乗っていますが、子供がいるのでかなり便利です。

子供がいきなりドアを開けて隣の車にガツン!ってことがあったら泣けますからね。

あと、パワースライドドアなので運転席からボタンひとつで開閉できます。
全員乗り込んだのを確認して運転席からドアを締めることもよくあります。
(そのせいで靴を落としたことに気が付かずなくしたことが2~3度ありますが(笑))

片側のみスライドドアの軽自動車といえば、一つ前のタントです。
タントを中古車で購入する場合、片側がスライドドア、もう片方がヒンジドアになっています。

これは、パノラマオープンドアにした弊害で強度を保つためと言われていますが、2013年のモデルチェンジで両側スライドドアとなりました。

パワースライドドアは片側?両側?

車によっては片側のみパワースライドドアと両側パワースライドドアとがあります。

うちは片側パワースライドドアなのですが、ちょっと不便でもあります。
片側の場合は基本的に助手席側がパワースライドドアになっています。
運転席側にチャイルドシートを設置しているので、子供の乗せ降ろしをするときは運転席側から手動で開けなくてはいけません。

これが意外と不便と感じることもありますね。

両側パワースライドドアの軽自動車も増えています。
上の動画にあったタントもそうです。

両側にするのにはオプションで別料金という車もあるのでそのへんはディーラー等で確認するといいでしょう。

パワースライドドアはどうしても開閉が遅くてイライラする事もあります。
しかし、挟みこみ防止機能がついていたりと安全面がしっかりしているので子供がいるならパワースライドドアのほうがいいかなと僕は思っています。

実際にスライドドア軽自動車に乗っている人の意見を聞いてみると賛否両論ありますが、やはりパワースライドドアは便利という意見が多い気がします。

 


【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!


→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

タグ : 

ライターコラム

スポンサードリンク
 

おすすめコンテンツBest3

以前、車の買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談。あなたの気をつけて下さいね!

20万円も損しそうに!

人気の中古軽自動車をお得に探すなら。失敗したくないなら必見です。

賢い中古車の探し方

今人気の軽自動車ランキング! タイプ別にもまとめているのであなたにおすすめの車がわかる!

軽自動車ランキング

TOPへ戻る