ジムニー ライターコラム

新型ジムニーで車中泊の旅へ。おすすめシートアレンジとグッズを紹介

更新日:

2018年に発売された新型ジムニー。

軽自動車でありながら、オフロードをガシガシ走れるのが大きな魅力です。

ジムニーに乗って、キャンプや釣りなどアウトドアに出かけたい人も多いはず。

今回はアウトドア好きが気になるポイント、ジムニーでの「車中泊」について紹介します。

ジムニーで車中泊ってどうなの?

ジムニーでの車中泊ですが、もちろん可能です。

運転席と助手席のシートは、ほぼ平坦な状態まで倒すことができます。

嬉しいことに、後部座席もフルフラットにすることが可能。

したがって、男性でも足を伸ばして寝れるスペースを確保できます。

横になって足を伸ばせるのは、嬉しいポイントですね。

となると、次に気になるのがその寝心地。

車中泊といえども、できるだけ快適に過ごしたいですよね。

確かに、足を伸ばして横になるスペースは確保できるものの・・・

やっぱり、そのままだと寝心地は良くない

前列のシートはフルフラットにならないので、どうしても段差が生じます。

後部座席はフラットになった部分が硬いので、そのまま寝るには辛そう。

オレ
背中痛てー

では、ジムニーで快適な車中泊を実現するためには、どうすればいいのでしょうか?

ジムニーでの車中泊を快適にするには?

ジムニーで快適な車中泊を過ごすためには、大きく2つのポイントがあります。

  • 寝心地:安眠できる空間を追求する
  • プライバシーの確保:車内の様子を人から見られないようにする

寝心地が悪いせいで、初日から疲れてしまってはアウトドアも台無し。

車中泊では、いかに自宅と同じような環境に近づけるか?が肝心です。

当然、知らない誰かに見られながら寝ている人なんて、いないですよね。

この2つのポイントに焦点をあてながら、便利なアイテムを紹介します。

車中泊には必須!ベッドクッション

(引用:スズキ公式

純正アクセサリー「ベッドクッション」で、気になる段差を限りなくフラットに!

低反発ウレタンフォームで寝心地もグッド。

純正だけあって34,560円と少し高めですが、快適な睡眠と翌日動ける体力が手に入ります。

オレ
車中泊で疲れて、次の日遊びどころじゃない

なんてことにならなくて済みそうですね。

「寝心地には、とことんこだわりたい!」

という人には、フルフラットにできるマットレスをおすすめします。

ハーフサイズは約5万円、ゴロゴロ横になれるフルサイズが約10万円で販売されています。

ん~、結構な値段・・・

「節約目的で車中泊するんだけど?」「家のベッドより高い・・・」

そんな場合、よりリーズナブルな車中泊用や防災用の簡易マットレスが無難でしょう。

人の目をシャットアウトしてくれるプライバシーシェード

(引用:スズキ公式

純正アクセサリー「プライバシーシェード」、いわゆる目隠しです。

「別に寝るときは暗いし、なくても大丈夫」と、思うかもしれませんが・・・

実際にプライバシーシェードをつけて寝てみると安心感が違いますよ。

オレ
安心感パネェ

想像してください。

電車でスマートフォンを見ている時、隣の人が覗いてきたら?

誰でも不快な気持ちになりますよね。

そう、人間はプライバシーが侵されるとストレスを感じます。

例えば、高速道路のサービスエリアで車中泊する場合、いろんな人が車の横を通ります。

そんな時、このシェードがあれば車内を覗かれる心配はありません。

心ゆくままに眠ったり、食事ができますよ。

車中泊をしようと考えている人には、ぜひ準備してほしいアイテムです。

他にもあると便利なグッズ

「ベッドクッション」や「プライバシーシェード」の他にも、便利グッズは盛りだくさん。

特に重宝するのが「小型のランタン」です。

いざ寝るときに車内照明を点けたり消したりするのは、結構面倒なもんです。

しかし、小型のランタンがあれば、すべて枕元で解決できます。

ランタン特有の優しい光に灯されて、存分にアウトドア感を味わいましょう。

その他、車から電源を取れる「インバーター」も便利グッズの代表格。

シガーソケットに装着するだけで、コンセントが使えるようになります。

野外で車中泊するときに、身近なところから電源を取れるのはありがたいです。

DIYでお金をかけずに快適に!?

車中泊をするときに一番大事にしたいのは、やはり寝心地。

でも・・・寝心地抜群のベッドクッションは正直高い。

だからといって、安価な簡易マットレスだと熟睡できそうにない。

そんなわがままを解消してくれるのが、庶民の味方DIYです。

たった5千〜1万円くらいで、愛車のジムニーがベッドルームに早変わり!

作り方は簡単で、まず運転席と助手席にイレクターパイプなどで台座を組みます。

あとは、その上に板とウレタンフォーム、簡易マットレスなどを乗せればOK。

どうです?たったこれだけで、フルフラットのベッドが完成しちゃうんです。

節約派のあなたに、ぜひおすすめします。

ジムニーで車中泊の旅

「ジムニーに乗ってどこへ行こう?」

オフロードの走破性が高いジムニーなら、多少の悪路ならへっちゃら。

あなたを好きな場所に連れて行ってくれます。

綺麗な星空を見ながらコーヒーを飲んだり、ソロキャンプを楽しんだり。

日常にも仕事にも縛られずに、ゆっくりとした時を楽しめるのが旅の醍醐味ですよね。

車中泊の旅は、そんな願いを叶えてくれます。

プライバシーシェードがあれば、どんなに酔っ払っても見られないので安心。

オレ
そのまま寝ちゃっても怒られない

DIYで作ったマットレスがあれば、どんなところでも良い夢が見られそうです。

まとめ

ジムニーでの車中泊を成功させるポイントは全部で4つ!

  • 工夫次第でより快適な空間づくり
  • 必須グッズは「ベッドクッション」と「プライバシーシェード」
  • 「小型のランタン」「電源用インバーター」があると便利
  • DIYでお金をかけずに快適な車中泊

車中泊のメリット、それは誰にも邪魔されず気ままな旅ができること。

日常のルーティンに疲れてしまったら、ジムニーで旅に出よう!

ぜひ、あなたらしい素敵な車中泊の旅を楽しんでくださいね。




【増税前に】お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ジムニー, ライターコラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.