ラパン

新型ラパンの燃費はすごい!実際の燃費を歴代ラパンとライバルで比較

更新日:

可愛いウサギのエンブレムが目をひくラパン。

2002年の初代発売以来、女性に人気の軽自動車です。

色やデザイン、内装、アクセサリー、どれをとってもキュート!

もちろん、可愛いだけじゃなく、運転しやすい点も支持されています。

ところが、ラパンのターゲット層である20~30代女性は、まだ経済的に余裕がありません。

新卒で就職してローンを組んで車を買ったり、あるいは赤ちゃんが生まれたばかりなど・・・

そんなお財布事情を抱える女性にとって、車の維持費を左右する燃費は重要事項のはず。

そこで今回は、気になる新型ラパンの「燃費の実力」を紹介します。

新型ラパンのカタログ燃費

出典:スズキ公式サイト

現在の3代目ラパンは、2015年にフルモデルチェンジしました。

グレードは全部で下記の4種類、それぞれに2WD・4WDが用意されています。

  • G(5AGS=オートギアシフト専用グレード)
  • L
  • S
  • X(最上位グレード)

まずは、各グレードの「カタログ燃費」を見ていきましょう。

グレード 2WD 4WD
G 29.6 27.4
L 35.6 33.2
S 35.6 33.2
X 35.6 33.2

(単位:㎞/ℓ)

参照:スズキ公式サイト

グレードL・S・Xのカタログ燃費は・・・

  • 2WD:35.6㎞/ℓ
  • 4WD:33.2㎞/ℓ

と、いずれも30㎞/ℓ以上!

5速MTをもとにした新型トランスミッションのグレードGは、他よりも燃費は落ちます

しかし、MT運転を好む人にはおすすめです。

新型ラパンの実燃費

次に、ラパンの「実燃費」をチェックしてみましょう。

まずは、e燃費のデータから。

グレード 2WD 4WD
G 26.7 20.8
L 21.4 23
S 21.4 23
X 21.4 23

(単位:㎞/ℓ 小数点2位以下切り捨て)

参照:e燃費

グレードを問わず、20㎞/ℓを越える結果に!

特に、グレードG(2WD)の数値に注目してください。

トランスミッションが異なるとはいえ、カタログ値に近い26.7㎞/ℓと燃費性能ダントツ

続いて、みんカラの燃費データを紹介します。

  • レギュラーガソリン:21.48㎞/ℓ
  • ハイオクガソリン:23.45㎞/ℓ

レギュラー・ハイオク合わせて、新型ラパンの燃費に関する口コミは1024件ありました。

全グレードの平均値とはいえ、実燃費20㎞/ℓを超えています

ちなみに、最高値は28㎞/ℓとラパンの燃費性能なかなかです。

初代・2代目と比較

「女性向け」をコンセプトに、長く親しまれてきたラパン。

現在もなお、初代(2002年発売)や2代目(2008年発売)に乗り続けている方がいます。

特に、2代目ラパンは特別仕様車やアニバーサリー記念車など、魅力的なモデルがいっぱい。

「中古車でもいいから、お気に入りモデルを購入したい!」

なんて、こだわりを持つユーザーもいるほど。

そこで、忘れてはならないのが燃費性能です。

歴代ラパンの燃費を振り返りながら、中古車選びの参考にしてみてください。

初代ラパン(2002年発売)

出典:Wikipedia

初代ラパンのグレードは、2002年発売当初は全部で3つ。

  • G
  • X(ターボモデル)
  • X2(ターボモデル):ツートンカラー展開

その後、2003年に5速MT(ターボモデル)が加わり、合計で4つのグレードがあります。

カタログ燃費と、e燃費をもとにした実燃費を一覧にしました。

グレード 10・15モード燃費 実燃費
G(2WD) 19.8 15.2
G(4WD) 17.4 11.9
X・X2(2WD) 19.8 13.4
X・X2(4WD) 16.8 11.6
ターボ(2WD) 19.4 15.1
ターボ(4WD) 18.8 16.4

(単位:㎞/ℓ 実燃費は小数点2位以下切り捨て)

参照:価格.COM e燃費

2011年まで採用の10・15モード燃費で計測されているため、参考として見てください。

10・15モード燃費とは

市街地などで15項目の走行テストを行い、燃料1ℓあたりどれだけ走るかを測定。

その平均を燃費数値とする方法(参照:Wikipedia)。

実燃費を見ると、G(2WD)が15.2㎞/ℓ、次いでX・X2が13.4㎞/ℓとまずまず。

後に発売されたターボ(4WD)では、16.4㎞/ℓと燃費が向上していますね。

新型ラパンに比べると燃費は落ちますが・・・

15㎞/ℓ前後であれば、中古車にしては実用的な数値と言えるでしょう。

あわせて、みんカラのデータも見てみましょう。

  • レギュラーガソリン:14.79㎞/ℓ
  • ハイオクガソリン:14.82㎞/ℓ

平均値14~15㎞/ℓと、e燃費のデータとほぼ同じです。

2代目ラパン(2008発売)

出典:Wikipedia

初代ラパンに比べて、よりレトロ感を重視した2代目

ウサギのキャラクターがあしらわれたデザインで、ますます可愛らしさがアップ!

2代目ラパンのグレードは全部で4つ。

  • G
  • X
  • T(ターボモデル)
  • TLパッケージ(ターボモデル)

トランスミッションにCVT採用モデルも登場し、燃費向上が図られています。

こちらも、カタログ燃費と実燃費を一覧にしました。

グレード JC08モード 10・15モード 実燃費
G(2WD) 22.8 24.5 17.3
G(4WD) 21.8 22.5 12.9
X(2WD) 22.6 24.5 17.3
X(4WD) 21.8 22.5 12.5
T・TL(2WD) 23 15.3
T・TL(4WD) 21 14.2

(単位:㎞/ℓ 実燃費は小数点2位以下切り捨て)

参照:価格.COM e燃費

G・Xでは、カタログ燃費と実燃費の両方が初代よりも向上しています。

一方、T・TL(2WD)の場合は15.3㎞/ℓと、初代とほぼ同じ数値です。

14.2㎞/ℓを記録した4WDは、初代よりも実燃費が落ちる結果に・・・

続いて、2代目ラパンの燃費データをみんカラでチェック!

  • レギュラーガソリン:17.71㎞/ℓ
  • ハイオクガソリン:17.83㎞/ℓ

全グレードを合わせた平均値は17~18㎞/ℓと、初代より3㎞/ℓも燃費が向上

買い物や送迎など街乗りメインであれば、充分な燃費性能と言えます。

ライバル車と比較

ラパンだけが「可愛さ」や「乗り心地」を追求した車ではありません。

気になるライバル車の燃費はどんな感じなんでしょうか?

ダイハツ ミラトコット

出典:ダイハツ公式サイト

ラパンのライバルといえば、丸みを帯びた箱型の軽セダン車「ミラトコット」です。

コンセプトは「自分らしさ」「安心安全・運転しやすさ」「使いやすさ」。

ダイハツが手掛けるミラシリーズの一員として2018年6月に誕生しました。

グレードはG・X・Lの3つがあり、いずれも同じエンジンを採用しています。

※トランスミッションが異なるラパンのGは、比較対象外のため掲載していません。

  2WD 4WD
ラパン(L・S・X) 35.6 33.2
ミラトコット(G・S・L) 29.8 27.0
燃費差 +5.8 +6.2

(単位:㎞/ℓ)

参照:スズキ公式サイト ダイハツ公式サイト

2WD・4WDいずれも、ラパンの燃費がミラトコットよりも上回っています!

特に、4WDでは6.2㎞/ℓもの差がつきました。

可愛いだけじゃない「ラパンの実力」が分かりますね。

ホンダ N-ONE

出典:ダイハツ公式サイト

続いて比較するのは、2012年発売の軽セミトールワゴン車「N-ONE」。

ミラトコットに同じく丸みを帯びたデザインと、上品なインテリアが特徴です。

ターボモデルを加えると、全部で10のグレードに分かれます。

(Standard・Standard-LOWDOWN・Standard-LOWDOWN-L・Standard-L・Select・Premium・Standard Tourer・Select Tourer・Premium Tourer・RS)

※新型ラパンにはターボモデルがないため掲載していません。

  2WD 4WD
ラパン(L・S・X) 35.6 33.2
N-ONE 28.4 25.8
燃費差 +7.2 +7.4

(単位:㎞/ℓ)

参照:スズキ公式サイト ダイハツ公式サイト

N-ONEと比較しても、ラパンの方が燃費性能は優秀です。

その差は、2WDで7.2㎞/ℓ、4WDで7.4㎞/ℓ

発売に3年の差があるとはいえ、7㎞/ℓの違いは大きいですよね。

燃費向上のために

ラパンの燃費の良さには、環境に配慮した技術開発が一役買っています。

出典:スズキ公式サイト

【減速時アイドリングストップ】

アクセルペダルを離すとガソリン配給がストップし、13㎞/hでエンジン停止するシステム

【エネチャージ】

減速時のエネルギーで発電と充電を行い、再発進時に使用するシステム

出典:スズキ公式サイト

さらに、スピードメーターの表示においても快適なエコドライブをサポート!

エコドライブになると、画像のようにグリーンランプが点灯してお知らせ。

これなら、ドライブ中に環境にやさしい運転かどうか一目で分かりますよ。

燃費向上にこだわるなら、このような先進技術を活用するのが得策です。

しかし、最も重要なのは・・・なんと言っても普段の運転!

エコドライブのポイント

  • 急発進・急加速しない
  • アイドリングを減らす
  • エアコンは控えめに
  • 目的地までの最短ルートを選ぶ

買い物や子どもの送迎など、ついついエコなど気にせず運転してしまいがち。

しかし、普段からエコドライブを意識していると、いつの間にか自然と身につきます。

しかも、嬉しいことにどんどん燃費も良くなっていくんです!

また、スムーズな発進と加速を心がければ、ブレーキやタイヤの寿命も伸びます。

消耗部品の劣化を防ぐことで、車にかかる諸経費を抑えらます

つまり、エコドライブ=地球環境だけではなく、愛車にもやさしい運転なんですね。

まとめ

新型ラパンの燃費性能を、歴代ラパンとライバル車で比べてみました。

【新型ラパン】

  • カタログ燃費(グレードL・S・X):35.6㎞/ℓ(2WD)、33.2㎞/ℓ(4WD)
  • 実燃費:グレードGで26.7㎞/ℓ、L・S・Xはいずれも20㎞/ℓ超え

【初代ラパン】

  • カタログ燃費(グレードG):19.0~19.8㎞/ℓ(2WD)、17.4㎞/ℓ(4WD)

【2代目ラパン】

  • カタログ燃費(グレードG):22.8㎞/ℓ(2WD)、21.8㎞/ℓ(4WD)

ライバルであるミラトコットとN-ONEと比べた場合、新型ラパンの燃費が上回りました。

また「減速時アイドリングストップ」や「エネチャージ」などの技術により燃費が向上。

可愛いウサギのトレードマークからは想像もできないほど頼れる車、それがラパンです。

さらに、先進技術を駆使してエコドライブを習慣化すれば、より燃費向上が期待できます。

ラパンと一緒なら、地球はもちろん、車とお財布にやさしいドライブが楽しめますよ。




【増税前に】お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ラパン

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.