ジムニー

新型ジムニーとシエラを徹底比較!販売台数には倍以上の差が…

2018年にフルモデルチェンジをしたスズキの人気車『新型ジムニー』。

およそ20年振りの仕様変更で、大きな話題となりました。

そんなジムニーと同時にフルモデルチェンジをした『ジムニーシエラ』。

こちらは軽自動車ではなく5ナンバーの普通車です。

この二つの車、スペックはどのように違うのでしょうか?

今回はエンジン・ボディ・維持費の3点を徹底解説します!

最大の違いはエンジン。排気量は倍以上!

ジムニーとシエラの大きな違いといえばズバリ、エンジンでしょう。

ジムニーに搭載されているエンジンは、排気量0.7Lの658CC直3DOHCターボエンジン。

対してシエラに搭載されているのは、排気量1.5Lの1460CC直4DOHCエンジンです。

 

車種 搭載エンジン 最大出力 最大トルク
ジムニー

排気量0.7L
658CC直3DOHC
ターボエンジン

64PS/6000rpm 9.8kg・m/3500rpm
シエラ

排気量1.5L
1460CC直4DOHCエンジン

102PS/6000rpm 13.3kg・m/4500rpm

両方ともスズキの最新式エンジンですが、シエラにはよりパワーのあるエンジンが搭載されています。

このエンジンは、スズキが東南アジアに向けて生産しているパワーユニットでミニバンにも使用されています。

7人乗りのミニバンを動かすエンジンなので、シエラを動かすには十分なスペックです。

両車共に十分な性能のエンジンが搭載されていますが、パワーではジムニーシエラに軍配が上がります。

走行性の違いは?乗り心地がいいのはどっち?

パワーではジムニーシエラに軍配が上がりました。

では、実際の乗り心地はどうでしょうか。

オフロードで走行する場合、小回りの効くジムニーの方が操縦性は良好です。

特にMT車では人馬一体となるような、車を操縦する楽しみを感じることができます。

では、オンロードで走行する場合はどうでしょうか。

ジムニーのエンジンは、高速道路で時速100kmで巡航した時のエンジン回転数は約3900回転。

エンジンの回転数が高いため、ある程度パワーがある車に乗り慣れた方はストレスかもしれません。

それに対し、ジムニーシエラはエンジンにパワーがあるため、高速道路では安定性を感じることができます。

オフロードでの操作性を求めるならジムニー、高速道路での長距離ドライブではジムニーシエラという選択がオススメです。

あれ?燃費はほとんど変わらないじゃん

気になる燃費ですが、こちらは5MTではジムニーに軍配が上がります。

しかし、4ATのWTTCモード以外では若干ジムニーシエラのほうが燃費が良くなっています。

  ジムニー ジムニーシエラ
  5MT 4AT 5MT 4AT
WLTCモード 16.2 13.2 15 13.6
市街地モード 14.6 11 12.8 11.2
郊外モード 17.5 13.9 15.8 14.7
高速道路モード 16.5 14.2 15.9 14.6

WLTCとは2018年10月から施行された、国際的な燃費測定基準です。

カタログスペックだと、5MT車であればジムニーの方が1.0km/L以上燃費がいいことが分かります。

しかし、4AT車は市街地モード・郊外モード・高速道路モードではジムニーシエラに軍配が上がりました。

WLTCモードでは負けているのに?不思議です。

 

高速道路も運転するしパワーも欲しい!という方であれば、燃費はほぼ同じなのでジムニーシエラをおすすめします。

MT車は燃費が良く、運転の楽しさもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

見た目の違いは?よーく見てみると・・・

ジムニーは軽自動車、シエラは普通車なのでボディサイズも違います。

ジムニーのボディーサイズは全長 3,395mm、全幅 1,475mm、全高 1,725mmです。

シエラの全長 3,550mm、全幅 1,645mm、1,730mm。

シエラの方が、全長155mm、全幅170mm、全高5mm大きくなっています。

サイズが違うのは外装のみで、内装は両方とも同じです。

インパネ周り(引用:スズキ公式

また軽自動車と普通車なので、黄色ナンバー、白色ナンバーという違いもあります。

黄色ナンバーが好きならジムニー、白ナンバーが好きならジムニーシエラを選ぶと良いですね。

外装の大きく違う部分はジムニーシエラ専用バンパーと、オーバーフェンダーの2箇所

では、この2箇所について見ていきましょう。

分かります?バンパーが違うでしょ

(引用:スズキ公式

写真の右がジムニー、左がシエラです。

比較してみると、シエラの方がより力強くパワフルな印象ですね。

大きめの車体によって、実際の見た目の印象もより力強く感じます。

オープンフェンダーが17cmも大きいんだよ

外側に突き出すオープンフェンダーにより、シエラの方が全幅が17cmほど大きくなっています。

小さな違いですが、見た目はシエラの方がどっしりと安定した印象です。

対照的に、新型ジムニーのコンパクトなフォルムが好きという方もいるのではないでしょうか?

ここは好みが分かれるところですね。

維持費の違い。比べてビックリ!やっぱり軽自動車は安い

続いては車体の価格について。

グレードにもよりますが、

ジムニーが152〜176万円でジムニーシエラが176〜200万円。

30万円の差があります。

購入時のコストパフォーマンスは、ジムニーの方が優れています。

では、購入後にかかる維持費はどうでしょうか?

※約3年間を想定した場合

  ジムニー ジムニーシエラ
自動車取得税 26,100円 44,400円
自動車税 10,800円 34,500円
自動車重量税(3年) 9,900円 36,900円
自賠責保険料 36,920円 39,120円
任意保険料 112,890円 112,010円
合計 196,610円 266,930円

以上のように比較した場合、維持費も圧倒的にジムニーの方が安いです。

セカンドカーとして購入するならジムニーの方をオススメしたくなります。

まとめ

ジムニーとジムニーシエラの、エンジン、サイズ、維持費についてまとめました。

一覧表でまとめてみるとこんな結果になりました。

  ジムニー ジムニーシエラ
パワー ×
オフロードの操作性 ×
高速道路 ×
燃費 ×
見た目 ×
車体価格 ×
維持費 ×
販売台数 ×

オフロードでの操作性、車体価格や燃費などコストパフォーマンスを重視するならジムニー。

オンロードや高速道路でのパワーのある走りなど、トータルパフォーマンスを重視するならばジムニーシエラという選択が良さそうです。

ちなみに、どちらのほうが売れているのか?と販売台数を調べてみたところジムニーのほうが倍以上売れていました。

使用するシーンや使いみち、予算などを考えて選ぶといいですね。

 




【増税前に】お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2021】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ジムニー

© 2021