ジムニー

新型ジムニーみんなの口コミ。実際に試乗して乗り心地や内装・外装をチェックしてきました

更新日:

な、なんと・・・。

ジムニーが20年ぶりにフルモデルチェンジしましたぁ~!

 

20年ぶりってすごいですよね。

気になって仕方がなかったので、発売開始すぐに試乗してきました。

 

新型ジムニーが気になっている方に、

・外観や内装のデザイン

・乗り心地や静粛性

・運転席や後部座席の広さ

・新しく備わった装備

・気になる価格と値引き額

などについて、営業マンに根掘り葉掘り聞いてまとめました。

 

それではいってみましょう。

 

角ばった外観がかっこいい!

先代のジムニーはやや丸みを帯びたエクステリアデザインでしたが、新型ジムニーは2代目以前のやや角ばったデザインに回帰。

ちなみに先代ジムニーはこちら↓

 

うん。

新型ジムニーのほうが、オフロードっぽくてかっこいいですね。

 

フレームはジムニー伝統のラダーフレーム構造です。

中央部にエックスメンバーを新採用し、前後の追加クロスメンバーでさらに補強し、ねじり剛性を従来の1.5倍に高めています。

これによりコーナリングや、悪路走破性能がアップ

また、フレームとボディを繋ぐマウントゴムを大型化することで防振性能をアップしています。

新設計のボディマウントゴムは上下方向に柔らかく水平方向に硬くなっており、乗り心地と操縦安定性が向上しています。

 

新型ジムニーのカラーバリエーション。人気カラーはどれ?

画像:ジムニー公式サイト

新型ジムニーのカラーバリエーションはツートンカラーも含めて、全12色。

グレードによって選べるカラーが違ってきます。

 

担当者いわく、今回のモデルチェンジでテーマカラーとしているのは、目立たせる色と隠れる色

 

「目立つ色=目立つ性能」・・・キネティックイエロー(ハイビジビリティーカラー(大自然で目立つ色))

画像:ジムニー公式サイト

 

「隠れる色=隠れる性能」・・・ジャングルグリーン(ロービジビリティカラー(深い森で隠れる色))

画像:ジムニー公式サイト

 

担当者に売れているおすすめの色を聞いてみたところ

 

1.ジャングルグリーン

2.ブルーイッシュブラックパール

3.シルキーシルバーメタリック

4.ピュアホワイトパール(XC)

5.スペリアホワイト(XL・XG)

 

ということです。

 

 

新型ジムニーの内装はどう変わったのか?

室内は、シンプルながらにジムニーらしさがしっかり残っています。

決して安っぽくなく、細部まで拘って作り込んであります。

メーター周り

スピードメーター、タコメーターは丸形の常時照明で見やすくなっています。

その中央部にはマルチインフォメーションディスプレイが配置されています。

瞬間燃費・平均燃費・航続可能距離・外気温・時計などが全車標準で表示されます。

 

XC及びセーフティーサポート車には、平均車速・走行時間・標識認識機能による表示がされます。

認識する標識は最高速度・はみ出し通行禁止・車輌進入禁止・補助標識(終わり)となります。

残念なのはこの標識表示がカラーではないところです。

 

今回のモデルからフルオートエアコン(XC・XL)が装備されました。

XC・XLにはヒーテッドドアミラーが採用され、ミラーの曇りを解消してくれます。

 

助手席ダッシュボード側には、従来から好評の乗降グリップが装備されています。

ドアグリップも大型で握りやすくなっています。

 

車内の広さはどうなのか?

前席は軽と思わないほど広く感じます。

視界も広く、視点が高いため運転しやすそうです。

リヤサイドウインドウなどは鉄板が見えていますが、防音措置はされているようです。

 

ご存知とは思いますが、ジムニーは3ドアです。(運転席・助手席・荷室)

後部席への乗り込みは、運転席または助手席側からシートを倒して乗り込むことになります。

 

なので、2列目は決して広いとは言えません。

後部席は非常時用と考えたほうがいいと思いますね。

後席は左右独立の12段階リクライニングが可能です。

ちなみに、XGの後席シートはヘッドレストが付いていません。

後席シートはニークリアランスは確保されていますが、+α的で長距離移動にはやや不向きといわざるを得ません。

 

シートは撥水加工!アウトドアでもへっちゃらさ

シート素材はXC・XLが撥水ファブリックです。

撥水加工というのは、アウトドア大好きの方には嬉しいですよね。

デザインは金色っぽい縦ラインがアクセントの質感高い仕様になっています。

 

前席は幅広のセミバケットタイプで、悪路走行時でも身体をきちんとホールドしてくれますよ。

特に左右の張り出しが脇部を固定してくれるのでハンドリングほか運転が楽に行えます。

 

荷室の広さ

荷室は広いとは言えませんが、後席シートをワンタッチで倒すことにより奥行き980mm、幅1,300mm、高さ850mmの空間が確保できます。

また、後席背もたれ後部はフラットで、縞鋼板のような浮き出し模様があって滑り止めになりそうです。

荷室後部にはラゲッジボックスがあって、濡れ物や小物の収納に役立ちそうです。

ジムニーで車中泊はできるのか?

フロントシートを後方いっぱいに倒せばフルフラットにすることができます。

(後部席の背もたれも前に倒せます。)

 

助手席をフルフラットにし、後部シート(左右独立)を倒すことにより長尺物を積載することが出来ます。

室内の長さがダッシュボードから一番うしろまで180センチ強あります。

なので、足を伸ばして寝ることができますよ。

 

ただ前席の座面と背もたれに段差ができてしまうので、その段差をどう埋めるのかも鍵となります。

タオルなどで段差をなくして、シートを敷けばいけますね!

 

デザインについて書いてきましたが、なかなかかっこよく仕上がっています。

我が家には子供が3人いるので、ファミリー層には向かない車ですが、一人で釣りやスノボなどに行く人にはかなりおすすめです!

 

それではいよいよ試乗してみましょう。

乗り心地はどうなんでしょうね。ワクワクします。

 

乗り心地も静粛性も格段にパワーアップ!

店舗への入店は午前10時過ぎでした。

笑顔で出迎えてくれまして、試乗の申し込みをしました。

 

すでに、最初の方は試乗に出掛けた後でしたので2番目です。

待ちきれませんが、カタログを拝見しながらお話を伺うことに。

次々とジムニー目当てのお客様が来店してきて、人気ぶりがうかがえます。

 

やはりファミリーや女性客は少なく、男性客単独が多いです。

そうこうしているうちに試乗車が戻ってきました。

 

色は、お気に入りのジャングルグリーンです。

さあ、行こう!という気分で気持ちもはやります。

運転席に座ってみると、Aピラーが立っていて、視界が広く前方が見やすいです。

 

エンジンを掛け、ゆっくりとアクセルを踏みディーラーを出て、加速していきます。

 

!!!!

 

これはすごい。

今まで抱いていたジムニーのイメージが吹っ飛ぶような感触。

新開発のR06A型ターボエンジンの吹き上がりの良さは他の追随を許さない仕上がりです!

 

上質なエンジン音はまさに「ジムニーサウンド」ですね。

他の軽ターボ車のエンジン音とは比較にならない、軽快で心地良い音!

 

クッションがいいぞ!

シートのホールド性も!

ほんとに軽なの?!

という感じ。

 

そして、何より先代と比べてびっくりしたのが、静粛性の良さ。

 

担当者によると、かなりの遮音をしているそうです。

しかし、「あえて入れるべき音はわざと入れています」と。

つまり、この心地の良いエンジン音。大きすぎずうるさくない、アクセルに呼応した適度な音質。

こだわっているなー。

 

車両重量は1tを超えます。

しかし、この新型ターボエンジンはタイムラグ無く軽快に吹き上がります。

低回転域から力強いトルクが出るよう改良された結果ですね。

 

追い越し加速もスムーズです。

剛性が強化された新開発のラダーフレームのせいでしょうか、車線移動もスムーズに行えます。

クッション、乗り心地も従来のジムニーとは全然違います。

これなら長距離移動も楽そうです。

 

ステアリングの応答性もよく、姿勢変化が少なくなっています。

標識認識機能は便利です。

ただ、今回のコースで交差点を曲がったすぐに最高速度40km/h解除の標識があったのですが、認識されませんでした。

完璧とは言えなかったのは残念です。

 

試乗コースは直線路を往復でしたので、ジムニーの魅力の一部しか体験できなかったと思いますが、それでも予想を大幅に超える性能に驚かされました。

まだまだ想定外のポテンシャルを秘めていると思いますので、ぜひ欲しいと思いました。

 

新型ジムニーの燃費は良くなった?それともやっぱり悪い?

エコを前面に出しているわけではないので、燃費に関してはあまり期待は出来ないでしょう。

モデルチェンジによって、WLTCモード(国土交通省審査値)での燃費が記載してあります。

JC08モードよりも、より実燃費に近い数値になりますので参考にしてください。

  4速AT 5速MT 
燃料消費率 13.2km/L 16.2km/L
市街地モードWLTC-L 11.0km/L 14.6km/L
郊外モードWLTC-M 13.9km/L 17.5km/L
高速モードWLTC-H 14.2km/L 16.5km/L

街乗りでも10kmを超えたので、まずまずでしょう。

昨今の軽自動車の燃費はめちゃくちゃいいですからね。それらと比較するのはちと可愛そうです。

 

 

新型ジムニーの見積もりをとってみたよ。乗り出し価格はいくらになるのか

※クリックすると大きく見れます

 

グレード XC 4速AT
ジャングルグリーン
車両本体価格 1,841,400円
オプション 362,178円
諸費用 183,714円
合計 2,387,292円

一番高いグレードなのでちょっと値段が張りました・・・。

 

オプション内訳

ナビゲーションは見やすいとのことで8インチを選びました。

アンテナセット他2点を含めて 計163,242円。

バックアイカメラ・ドライブレコーダー・ETC車載器・コーティング他定番の物 計198,936円。

4ATと5MTは、97,200円の差となっています。

グレードの違いってなに?

新型ジムニーは「XG]「XL「XC]という3つのグレードが用意されています。

価格も40万円ほど違うのですが、何が違うの?どのグレードがいいの?と迷う方もいるでしょう。

 

簡単に言うと、グレードの違い=装備の違いです。

 

代表的な装備でいえばこんな違いがあります↓

装備 XC XL XG
ヘッドライト LED ハロゲン ハロゲン
ヘッドランプウォッシャー
クルーズコントロールシステム
キーレスプッシュスタートシステム
ヒートシーター
ステアリングホイール 本革 ウレタン ウレタン
ファブリックシート表皮 撥水 撥水 普通
ホイール アルミ スチール スチール

XLを選んでおけば大体の装備がついていますよ。

更に上を望むならXCですね。

 

グレードごとの価格は以下の通り↓

グレード 価格
XC 174万~184万円
XL 158万~167万円
XG 145万~155万円

これにオプションと諸費用で50万円追加です。

XLなら200万円位で買えるかな。

 

 

おすすめオプションを教えて

まず選んだのは、マッドフラップセット(泥よけ)(14,310円)とスペアタイヤカバー(7,884円)でした。

外観が締まる感じです。

 

次にパナソニック製の8インチナビゲーション。

7インチは小さく感じていたので、1インチ大きくて2万円程度の差ですので迷わず決めました。

 

つぎに、欲しくて迷いましたが、残念ながら今回の見積もりに入れず要検討としましたが筆者からのおすすめです。

SURVIVAL STYLEのサイドデカール左右セット(カモフラージュ)(38,718円)

 

OUTDOOR GEARのロッドホルダー(天井に釣り竿3本取り付け可能)(20,790円)

ロッドホルダーは釣り竿設置以外にも利用価値はありそうです。

 

また、担当者から勧められたのは、今回のモデルから設定されたフロント・リヤのデフガードです。

各27,270円、計54,540円です。

 

こちらも迷いましたが、今回は外しました。

悪路走行が多い方にはおすすめです。

オプションカタログを見ていると、欲しいなと思うパーツが多くて困ります。

 

新型ジムニーの値引き相場は?

はっきり言って厳しいです。

何といっても20年ぶりのフルモデルチェンジで、来店や問い合わせが多数あり相当な反響ぶりです。

ニューモデルといわれるのが1年間。

この状況ですので強気の売りでしょう。

今回の見積もりでは、オプションも多いので、「すぐに決めてくれるなら端数は切ります」ということでした。

 

もし、予算が足りない!少しでも安く買いたい!

というのなら、今乗っている愛車をなるべく高く売ることです。

 

ディーラーに下取りに出すのはあまり得策とは言えません。

高く売りたいなら、複数の買取業者に査定をしてもらい、一番高いところに売るのがいいですよ。

 

これだけで、下取りよりも平均16万円も高く売れるというデータもあります。

→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら

買い換えようかと考えているなら、まずは愛車がいくらで売れるのかを知っておくといいでしょう。

新型ジムニーの納期は?

発売開始後3日時点で既に事前予約も含め、納車予定が6ヶ月程度から今後の販売状況によっては1年待ちもあり得るとのことでした。

ちょっと時間がかかるので、早めに行動しましょう。

 

営業マンから聞いた裏話

ジムニー好きな人たち=「ジムニー乗り」。

この方達が全国でジムニー乗りの会を結成していて、その会合にスズキの技術者が参加し意見やら要望やらを収集して、今回の新型車に凝縮してあるとのことでした。

20年ぶりのフルモデルチェンジですが、この20年間じっくりと熟成させていたようです。

 

まとめ

友人にジムニー乗りがいます。かなりマニアックです。

「相当ウルサイね」
「そこが良いんですよ!」

「クッション悪いね」
「そこが良いんですよ!」

ジムニーは中古になっても相場が落ちないんですよとか、部品取り専門の中古ショップがあるんですよとか、とにかく《ジムニー愛》は凄いです。

こんなことを言いながら、よく渓流釣りに出掛けました。

筆者が抱いていたこれまでのジムニーに対するイメージです。

 

しかし、試乗したら惚れてしまいます。間違いありません。

そんな、人を惹きつけるモノを持っているクルマです。

多分多くの人が抱いているイメージを覆すことになるでしょう。

 

視界の良さ、シートのホールド感、小気味よいジムニーサウンドを響かせるニューエンジン、軽快で機敏な走行性能。

ジムニーは最上級の軽と言って過言ではないと思います。

20年ぶりのかっこいいクルマですね。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ! 最新の軽自動車ランキングをお届けします! 軽自動車を買おうと思うんだけど、どの車がいいのかよくわからない・・・。   一番売れているのはど ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ジムニー

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.