ジムニー

新型ジムニーの乗り心地は悪いの?カンタンに改善する方法

更新日:

2018年、発表と同時に大きな話題になった新型ジムニー。

20年ぶりのマイナーチェンジにより、様々な点で進化を遂げました。

デザインは先代の無骨さを受け継ぎながらも、より都会的でスタイリッシュになったと好評です。

ここで、ちょっと気になるのは乗り心地。

先代のジムニーは、乗り心地があまり良くなかったんです。

今回は新型ジムニーの乗り心地がどうなのか、乗った人の口コミを交えながら紹介していきます。

新型ジムニーは乗り心地が改善されたらしいけど実際どうなの?

ジムニーは発売当初から根強い人気があります。

そのジムニーファンの中でも囁かれているのが、「乗り心地が悪い」ということ。

オレ
ジムニーは乗り心地が悪いのを愛でる車

と、ファンから言われるくらい乗り心地が良くありませんでした。

ですが、新型ジムニーの乗り心地は旧型に比べて良くなったという口コミが多いんです。

以下は実際に乗った人の感想の一部です。

  • 思ってたよりも快適
  • 硬いシートを想像していたけど、そんなに気にならない
  • 旧型よりは明らかに乗り心地が良くなってる
  • 往復100km走ったけど、快適だったよ
  • 柔らかい乗り味。段差も気にならない

など、旧型に比べて良くなったという口コミが多数ありますね。

では、なぜ新型ジムニーの乗り心地は良くなったのでしょうか。

なぜ新型ジムニーの乗り心地が改善されたのか?

新型ジムニーの乗り心地が良くなった理由の一つに、新開発のラダーフレームが採用されたことが挙げられます。

(引用;スズキ公式)

ラダーフレームとは、サスペンションなどを取り付け、その上に車体を載せるためのフレームのこと。

クロスカントリーやオフロードを走る4WD車に採用されることが多い構造です。

このフレームのポイントは、写真で黄色く着色されている『Xメンバー』と前後の『クロスバー』です。

この2つを採用することで、ねじり剛性が約1.5倍になりました。

また水平方向の剛性がアップし、操縦時の安定性も高まっています。

車体とラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムも新設計されたもの。

このゴムのおかげで柔軟性が増し、ゴトゴトやガタガタといったカタイ乗り味の改善に成功しているんです。

新開発のラダーフレームとボディーマウントゴムのおかげで、乗り心地が良くなった新型ジムニー。ファンにとっては嬉しいニュースですね!

オフロードの走行性能

ジムニーはオフロードも走れる本格4WDとして開発されました。

そのため、オフロードでの走行性能は圧倒的なパフォーマンスを誇っています。

悪路の走破性を実現しているのが、『3リンクリジッドアクスル式サスペンション』です。

オレ
ちょっと何言ってるかわからないです

一般的なサスペンションとの違いは以下の図をご覧ください。

(左)一般的な車のサスペンション(右)3リンクリジッドアクスル式サスペンション
(引用;スズキ公式)

一般的な車のサスペンションは、それぞれが独立した構造になっています。

そのため車の下部の空間が少なく、岩や段差などの障害物があった場合、乗り越えることが困難です。

一方、ジムニーに採用されているサスペンションは、車の下部の空間を大きく確保することができます。

そのため凹凸路での接地性にも優れ、悪路での走行性が非常に高くなっているんです。

走行イメージ(引用;スズキ公式)

オレ
オフロードではアクロバットな走行が楽しめるよ。悪路だけに。

長距離ドライブでの乗り心地

オフロードに強いジムニーですが、悪路しか走りませんって人はいませんよね。

オレ
私、悪路しか走りませんから

たとえば、長距離ドライブでの乗り心地はどうなんでしょう。

実際に乗った人の口コミでは、新型ジムニーでの長距離走行は負担を感じる人が多いようです。

特に後部座席は、長時間乗っていると疲れるといった声が多く聞かれます。

せっかく家族や友達とのドライブ旅行を計画したのに、乗り心地がいまいちというのはちょっとつらいですね。

だんだん疲れてきて、車内の空気が何となく険悪に・・・なんてことにもなりかねません。

そんな事態を防ぐために、乗り心地をカンタンに改善する方法を後ほどご紹介しますので、是非試してみてください。

また4速ATモデルでは、100km巡航時にはエンジンが3000回転にもなります。

高速回転させたまま何時間も走行するのは、エンジンが焼けてしまわないか心配・・・

そんな人には、5速MTのモデルをオススメします。

4速ATよりもギアが1速多いので、高速道路を走るときも余裕を感じます。

でもやっぱりハスラーのほうが良いんじゃないの?

同じスズキの軽自動車に『ハスラー』があります。

可愛いフォルムに、選べる2トーンカラーなど豊富なカラーバリエーション。

最近の人気車に必要な要素がたくさん詰まった、スズキの人気車です。

では『ジムニー』と『ハスラー』はどんな違いがあるのでしょうか。

以下が両車の主なスペックです。

  エンジンスペック サイズ(全長x全幅x全高) 燃費
ジムニー

最高出力 47kW(64PS)/6000rpm

最大トルク 96N・m(9.8kg・m)/3500rpm

3,395x1,475x1,725cm

15.0km/L(XC・4MT)

13.6km/L(XC・4AT)

ハスラー

最高出力 47kW(64PS)/6000rpm

最大トルク 95N・m(9.7kg・m)/3000rpm

3,395x1,475x1,665cm

23.2km/L(A・4MT)

26.0km/L(A・CVT)

エンジンスペックや車両のサイズはほとんど同じ。

燃費は圧倒的にハスラーの方がいいですね。

ジムニーにしようかハスラーにしようか迷っている人に、参考にしてほしいポイントがあります。

それは、ジムニーの設計コンセプトは『オフロードを走る本格4WD』だということです。

やはり悪路で性能が発揮されるよう設計されているので、オフロード用にラダーフレームを採用している分、車重が重く燃費も悪いんです。

険しい道をカッコよく走破したい!というアウトドア派のあなたにはジムニーの方がオススメ。

街中でしか乗らないという都会派のあなたには、燃費のいいハスラーのほうが良いかもしれません。

でも、多少のことには目をつぶって『ジムニーが好きだから買う!』というのもアリです。

それくらい魅力がある車ですよね。

ジムニーとハスラーを比較

私はスズキのジムニーに約10年乗っていて、そろそろ新しい車が欲しいなぁと思っていました。 ジムニーは軽自動車ながら非常にパワフルで運転が本当に楽しい車なので、10年前より燃費が改善されているなら、また ...

続きを見る

ジムニーの乗り心地をカンタンに改善する方法

ファンの間では「乗り心地が悪いのを愛でる車」と言われているジムニーですが、そうは言ってもやっぱり少しでも快適にドライブを楽しみたいもの。

そこで、ジムニーの乗り心地を良くするオススメの方法があります。『スプリングの交換』と『シート周りの改良』です。

「スプリングの交換」

足回りの改造はお金がかかるイメージですが、スプリングの交換だけなら3万円程度。

ショックアブソーバーなどを変えることなく、純正のスプリングと交換するだけのものが手軽でオススメです。

乗り心地と静粛性が上がりますし、少しですが車高もアップします。

見た目がワイルドになるのも嬉しいポイントですね。

「シート周りの改良」

乗り心地を改善するもう1つの方法は、シート周りを改良することです。

運転席や助手席のシートを気に入ったものに変えれば、随分と乗り心地が変わります。

もっとお手軽なのは、疲労感を和らげるクッションや、サポーターなどを敷くこと。

これだけでも長距離の運転では大きな効果が期待できますよ。

【まとめ】

今回は新型ジムニーの乗り心地と、乗り心地の改善方法をご紹介しました。

乗り心地は先代よりもかなり良くなったようです。

長年多くのファンから愛されているジムニーに、また一つ魅力的なポイントが加わりましたね。

高速道路などの長距離ドライブでは、乗り心地の面がやや不安ですが、ご紹介した『スプリングの交換』や『シート周りの改良』はとても手軽にできる改善方法なのでオススメです。

気になる人はぜひ試して見てください。

新型ジムニー実際に試乗して乗り心地や内装・外装をチェックしてきました

な、なんと・・・。 ジムニーが20年ぶりにフルモデルチェンジしましたぁ~!   20年ぶりってすごいですよね。 気になって仕方がなかったので、発売開始すぐに試乗してきました。   ...

続きを見る




お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。

僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。

ちなみに、下取り価格は37万円でした。

41万円UPです。

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

\たった45秒の入力で52万円UP/




【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

 

軽自動車値引きの鉄則 この5つを抑えておけ!

軽自動車は価格が安く利益も少ないので大幅に値引きするのは難しい。さらに人気車種になると、黙っていても売れるので営業マンも強気だ。 しかし、こちらとて諦めるわけには行かない。 1円でも安く買うための必殺 ...

 

 




あなたにおすすめの記事

1

目次【2018】年一番売れている人気軽自動車はコレだ!最新版!軽自動車新車販売台数ランキング【総合】軽自動車人気ランキング。車種ごとの特徴1位 ホンダ・N-BOX2位 ダイハツ・タント3位 スズキ・ス ...

2

最近は軽自動車といえども200万円を超えるものが増えています。 車両本体価格だけを見たらコンパクトカーよりも高いかもしれません。   ちょっとでも安く買うために、値引き交渉するのは当たり前で ...

3

こんにちは。 元買取り専門店査定員の@コウタです。   あなたは、軽自動車の売却をしたいけどなるべくなら高く売りたい! と考えていませんか?   10万キロ、10年落ちのオンボロ車 ...

4

中古車探しって結構大変ですよね。   僕も経験ありますが、販売店側の在庫状況がわからないので何店舗も回って状態の良さそうな車に目星をつける。 他にも良い車があるかと思って先延ばしにしていると ...

-ジムニー
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.